体質改善、アンチエイジング、若返りの施術とは

  • はてなブックマークに追加
  • 体質改善は

体質とは

アレルギー体質、ぜん息体質、卵アレルギー、ネコアレルギー、花粉症体質、不妊症体質、頭痛持ち、慢性化した肩こり、腰痛になりやすい体質などなどが体質で起きています。

痛みやコリを繰り返すときは体質が関係しています。

腰痛

腰痛が起きるのも体質が関係していますから、時々、腰の痛みになります。

痛みだけを対症療法で改善しても、その時は楽になりますが、また、しばらくすると痛みになります。1年に1回や数年に1度の腰の痛みになりますが、痛みがある時は気が付きますが、痛みがない時も原因は進行していっています。

腰痛と言うのは原因がありますから、原因から改善して変えることをしない限り、繰り返しやすくなって弱くなっていきます。

腰痛を直す時には、表面上の腰の痛みを楽にする施術と根本から直していく施術があります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

表面の痛みを楽にする

普通は表面の腰の痛みを楽にする治療がほとんどです。これを治したとか、治ったと言います。表面の痛みを楽にする治療のことを対症療法と言います。

対症療法とは、湿布を貼ったりマッサージしたりサプリメントを飲んだり低周波治療器や電器などをすることです。

痛みの原因を検査することなく見つける事もなく痛みだけを楽にしていく治療法です。対症療法でも楽になります。

例えば、●マッサージとは筋肉に対して揉んだり押したりしています。筋肉からくる症状であれば有効です。しかし、コリは楽になりますが、痛みとは違います。

痛みは神経のトラブルから起きていますから筋肉ではありません。痛みとコリは違います。

●湿布とは炎症やハレを抑えていくものです。炎症やハレだけの場合は有効です。

●低周波治療器や電器は痛みを散らしているだけです。

腰痛の原因

腰痛の原因として一番に上げられるのは腎臓です。しかし病気ではありません。腎臓に疲れやストレスがたまることが原因で骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になり痛みになります。

腎臓と骨盤の安定に関係する筋肉の大腰筋、腸骨筋は関係があります。

腎臓に疲れやストレスがたまってくると大腰筋、腸骨筋のバランスが崩れていき骨盤の保持ができなくなります。保持できない状態が最大になった時に重たいものを持ったりすると痛みになります。

悪化したものが椎間板ヘルニアであり、進行したものが坐骨神経痛です。

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛は病院の手術でしか改善しない事もあります。

腎臓に疲れやストレスがたまると言うことは、弱いと言う事になります。弱いから疲れやストレスがたまりやすいと言う事ですから、弱い腎臓を少しずつ変えていくことができるのが体質改善です。


例えば

肩こり

肩こりの筋肉が弱い方は弱い筋肉に疲れやストレスがたまりやすくなります。弱い筋肉に疲れやストレスを多くためてしまうと徐々に筋肉は老化していきます。筋肉が老化すると運動した時の故障、痛めやすくなりやすくなります。

筋肉が徐々に老化して固くなるとマッサージしても湿布を貼っても低周波治療器や電器をしても何をしても柔らかくなることはありません。柔らかくなるのは緊張やコリの段階の場合だけです。
体質改善の施術では初回から進むことはできません。体質改善ができるまでに数回かかります。
体質改善の施術で老化した筋肉を柔らかくすることができれば老化して固くなった筋肉が変わります。

肩こりと体質改善

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになる方、繰り返す方には原因があります。一つは体調の低下です。体調が低下していると弱い部分に疲れやストレスが多くたまります。これが骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になり腰痛、腰の痛み、腰が痛いになります。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどと体質改善

便秘

便秘になる時には腸の働きが悪いから便通が低下して便秘になります。この働きの悪さは腸の老化が起きていることが多くあります。腸が老化すると働きが低下して便を送り出す力が無くなります。
腸がどれくらい動いていないのかで改善は違います。

便秘と

生理痛

生理痛の方は生理に関係する部分が弱いのが原因です。生理に関係する部分が弱い為に疲れやストレスがたまりやすくなります。疲れやストレスを多くためていくと徐々に細胞は変化していきます。
病気を解消する訳ではありません。病院で検査して数値の異常が出る場合は病院で治療を受けて下さい。
当院では生理痛に関係する部分の体質改善を行いますから病気ではありません。

生理痛と体質改善

 

 

体質改善とは

細胞の変化が80%を超えると病院の検査で見つかります。これは例ですから勘違いしないで下さい。

ですから80%を超える前に、変えていくことができればと言う施術が体質改善です。体質改善は病気を治すものではありません。病気の方は、病院の治療を受けながら変えていくこともできます。そのため薬の指導なども行いません。薬の指導は病院の先生の指導を受けて下さい。

体質改善は体を直していくものです。弱い内臓は老化しながら時々、痛みやコリを起しています。弱い内臓に疲れやストレスがたまると、骨盤の歪み・背骨のズレになります。

痛みやコリの原因になる骨盤の歪み・背骨のズレは内臓に蓄積した疲れやストレスが原因です。

弱い内臓に疲れやストレスがたまる = 歪みやズレになる = 痛みやコリになる。

弱い内臓というのは家系的に弱い内臓であり、遺伝的に弱い内臓ですから、親が病気になっている可能性が高く、なっていなくても内臓の弱さから起きる関連の痛みやコリが起きています。

弱い内臓を少しずつでも変えて行こうとするのが体質改善の施術であり、アンチエイジングの施術であり、若返りの施術と言いますが、簡単に変わることはありません。

何かを飲んで体質が変わることはありません。サプリメントを飲んでも体質は変わることはありません。クリームを塗って肌の体質が変わることはありません。何かをして髪の体質が変わることもありません。

体質を変えて行くと言う事は大変な作業ですから簡単な方法で体質改善ができるわけありません。体質改善をするには準備が必要です。準備には普通で3回かかります。開けないで来院してですが。開ければ開けるほど体質改善はできません。開けると疲れやストレスが さらにたまるからです。

注意:精神的に弱い方・ショックを受けやすい方は、これから先は読まないで下さい。ここまでで戻って下さい。

腰痛の方は、弱い腎臓を持って生まれた方です。弱い腎臓をもって生まれたから腎臓に疲れやストレスがたまりやすく、疲れやストレスがたまると大腰筋、腸骨筋のバランスが悪くなって腰痛、ギックリ腰、悪化させると椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になります。

生理痛になりやすい方、生理不順になっている方も、もしかしたら先将来、不妊症かホルモン系の病気や卵巣、子宮の病気になる確率が高い方かも知れません。細胞の変化が進行しているから生理痛、生理不順になっているかも知れません。あくまでも確率です。なると断言している訳ではありませんよ。

頭痛になりやすい方はテレビの特集で言っていましたが、頭痛の方の半数の方が脳梗塞になっていっていると。頭痛は予備軍です。薬で抑えてばかりいると原因もいつまでもお同じままではありません。薬は痛み止めです。何も原因がなくて頭痛が起きることはありません。

花粉症やアレルギー鼻炎などが起きるのは肝臓の弱さのある方です。アレルギーに関係するのは鼻や目の弱さと肝臓、副腎の問題が関係しています。肝臓に疲れやストレスが多くたまった時に花粉症、アレルギー性鼻炎が強くでます。花粉症が軽い時には肝臓の弱りが軽い時で、花粉症が強い時には肝臓の中に疲れやストレスが多くたまっている時です。もちろん全体的にも疲れやストレスはたまります。

●アトピーの方は親が糖尿になっている可能性が高くあります。親や総父母なども関係します。膵臓が弱いから膵臓に疲れやストレスが多く蓄積してアトピーがひどくなります。

これが体質です。体質を変えることを改善と言いますから体質改善の施術と言います。


色々な痛みやこりが起きるのは、根底にある体質が原因です。

歪みやズレを整える

腰痛、肩こり、頭痛、生理痛、生理不順、便秘、下痢、首の痛み、首のこり、膝の痛み、不妊症、なども、症状が起きる部分に体質的な弱さがあるから起こります。

腰痛が起こりやすい体質的な弱さがあるから疲れやストレスがある部分にたまると腰痛、ギックリ腰になります。

→先将来の可能性が腎臓の病気や膀胱、前立腺、子宮の病気になりやすい方です。体質改善の治療はならないようにしていく改善です。

生理痛が起きるのは、体質的な弱さがあるから生理がくる時に生理痛を起こす部分に疲れやストレスがたまっていると生理痛になります。

→先将来、子宮や卵巣の病気になる確率が高い方が生理痛になっています。病気になる前にならないようにしていくことができるのが体質改善の治療です。

膝の痛みが起きている方は、ヒアルロン酸ばかり使っていないで、どうして膝の痛みが起きたのか、と言う事まで考えて下さい。

→膝の痛みを楽にしたら肝臓が膝の痛みの原因ですから、体質改善で肝臓を若返らせないと肝臓が病気に近づいていきます。

頭痛が起きやすい方は、体質的に脳のトラブルが起きている方で、脳に疲れやストレスがたまっていくと頭痛になります。

→先将来、物忘れ、精神疾患、うつ、パニック、不安神経、脳こうそく、脳出血になりやすい方です。

病気になる時も進行して病気になります。病気になりかけている時では、いくら病院で検査しても異常は見つかりません。

体に何かの異常があるから痛みやこりとして自分に知れせて警報を発しています。

病気になる時も、10年以上のの期間が必要です。少しずつ病気の方に近づきながら時々、痛みやこりを起こしています。

痛みやこりが起きたということは、スタートする前ではなく、もう進行途中です。

これが、痛みやこり、腰痛、肩こり、頭痛、生理痛、生理不順、便秘、下痢、首の痛み、首のこり、膝の痛みなどと病気の関係です。

病気になると言っている訳ではありません。可能性が大きくなると言う事です。

病気になる前に体質改善の治療で体の中から内臓から若返らせることを!!!

弱い内臓は早く老化していきます。内臓はきたえることができませんが、内臓をきたえる方法はありません。

弱い筋肉は鍛えても老化していきます。逆に筋肉はきたえることができますが、弱い筋肉を鍛えようとすると老化が急速に進行して固くなって痛める原因にもなります。

必ず、何かの症状が起きる時には、体質と疲れやストレスが深く関係しています。

体質と言うのは親から受け継ぐ家系的な弱さです。

親が何かの病気であれば、子供や孫はそれを多かれ少なかれ受け継いでいます。

例えば、親がガンであれば、その子供はガン、糖尿病、アレルギー、アトピー、下痢を起こしやすくなっています。

親が肝臓の病気を持っていれば、子供や孫はアレルギー性鼻炎、膝の痛み、花粉症、肝臓病にもなりやすくなります。

これが体質です。

体質改善 アンチエイジング 若返りの施術

痛みやこりは体質と深い関係があります。痛みやこりも何も原因がなくて起きていることはなく裏に潜んだ原因があるから時々痛みやこりを起こしています。

体質というのは、自分の体の中の弱さ・悪さです。この弱い部分、悪い部分と言うのは疲れやストレスが蓄積しやすく、蓄積すると痛みやこりになります。

体質を変えるというのは、簡単な事ではありません。

体質改善というのは、体の人生を変えるということなので、老化するばかりの内臓、悪くなっていく内臓、病気に近づいている内臓、働きが低下している内臓を変えることができます。

 

例えば

腎臓

腎臓の弱さがある方が腎臓に疲労を蓄積すると、腎臓の病気にもなりやすく腰の痛み、ギックリ腰、腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、足のシビレ、足の痛み、冷え、高血圧になります。

腎臓の弱さは病気と密接に関係があります。しかし今は病気ではありませんから、いくら検査しても分かりません。

腎臓の疲労が腰痛、腰の痛みになる

 

肝臓

例えば、肝臓の弱さがある方が、肝臓に疲労をためると肝臓の病気にもなりやすく、花粉症、アレルギー、膝の痛みの症状を起こしていきます。

肝臓の弱い方はアルコールを飲めませんが、中にはアルコールを飲める方がいますが、肝臓が弱い方が飲めば肝臓の病気に近づいていきます。しかし今、検査しても病気ではありませんから、検査は異常なしです。

 

肝臓の体質改善 アンチエイジング 若返りの施術

これらを少しでも変えるのが体質改善 アンチエイジング 若返りの施術です。

膵臓

膵臓の弱い方が膵臓に疲れやストレスを多くためると先将来、膵臓の病気なったり、病気ならなくても下痢、アレルギー、アトピー、糖尿になります。

 

また、内臓だけではなく、膝の関節やじん帯、肩こりになる筋肉の老化を改善して若返りさせることができます。

体質改善 アンチエイジング 若返りの施術の施術は、ただ、来ていれば体質改善の施術ができるかと言うとそうではありません。

ある程度は痛みやこりが楽になっても体調が良くなっても来院していることが条件になります。

そして

週に2回、来院して治療を受ける方が一番、体質改善の理想です。

週に1回の方は、週2回、来る方の半分も進めません。数は少なくなりますが少しは進めることができるかも知れません。

10日~3週間に1回とか、1か月に1回と言う方は、体質改善の施術が全然進めません。

週に2回来ていても風邪の細菌が入って風邪をひきかけていると体質改善はできません。

体の弱い方は週に2回でも初めは進めないのが現状です。

体質改善 アンチエイジング 若返りの施術

●肩こりになる筋肉の老化があります。筋肉の老化は硬くなります。筋肉が硬くなるとリンパの流れが滞って老廃物がたまります。筋肉が老化して硬くなると肩こりになりますが、筋肉が老化して硬くなったものは、低周波治療器をしても、マッサージしても、その時だけです。筋肉の老化は、体質改善の治療でのみ変えることができます。筋肉を若返りさせると少しずつ柔らかくなります。肩こりは筋肉だけではない場合もあります。関係する所は色々ありますが多くは歪みだったり、その歪みを起こすのは内臓です。

●腰痛の方は、思いたいものを持って腰が痛くなった、とか色々言いますが、本当の原因は骨盤の歪みです。腰が痛くなるときには、前もって骨盤の歪みが起きています。骨盤の歪みがある時に重いものを持ったりすると体を支えられないで腰を痛めてしまいます。この骨盤の歪みに関係しているのは、腎臓です。腎臓の弱い方が骨盤の歪みが起こりやすくなります。弱い腎臓に疲れやストレスは蓄積しやすく、疲れやストレスがが腎臓にたまった時に骨盤の歪みになります。腎臓を強くして若返りさせる体質改善をしていきます。どれくらい腎臓が悪くなっているかで違いますが、1回で腎臓をすべて若返らせることはできませんが、徐々に強くなると違っていきます。放置していくと腎臓の何らかの病気になります。腎臓の病気は検索して調べて下さい。

●膝の痛みの場合、膝周辺の筋肉老化で曲がりずらくなります。これが筋肉(じん帯)の老化です。そして膝に水がたまったり、腫れたり、痛みが起きるのは肝臓が原因です。(病気ではありません)老化した筋肉を体質改善で若返らせると関節は少しずつ動きが良くなります。肝臓も検査して異常はなかったと思う方もいると思いますが、検査して異常が見つければ病気になっています。当院では病気としてではなく、肝臓自体の問題を言っています。いくら検査して数値は減って収まってきても肝臓自体はどうでしょう。薬などで数値は変わっても肝臓自体は、あまり変わっていません。当院では数値ではなく、この肝臓自体を変えていくことで膝の痛みを改善していきます。

 

変えた分だけ元気になることができるからです。

痛みやコリは内臓に関係しています。痛みやコリに限らず、体に起きる不調状態、何かの症状は、すべて内臓が原因で起きています。

これが体質改善、アンチエイジング、若返りの施術です。

体質改善の施術は来院していても風邪をひいていなくても感染していれば、また、体調が悪ければできませんし進ことができません。体調が悪い時には次回、開けないで来院すると進むことができます。

体調の良し悪しは院長が判断しています。

①:体調が良い時には、寝て初めからすぐに体質改善の治療に入ります。

②:体調が少し良い時には、しばらく体調を上げてから、それから体質改善の治療に入ります。

③:体調があまりよくないけど進めないと解消しない方は、本当に最後に少しだけ体質改善の治療を進めていきます。無理な治療は避けたいけど進めないと良くならない方です。

④:体調がよくない方は、次回、体質改善の治療ができるようにしていきます。来院期間を空けた方、風邪を引いている方、発症はしていないけど風邪の細菌に感染している方、疲れやストレスがが多い方は、体質改善の施術は進むことはできません。

内臓というと病気??と思いやすいと思いますが、違います。なんでも病気と結びつけることではなく、ほとんどの症状は病気になっていない状態で起きています。

病気になる前に、なっていく過程で時々疲れやストレスがが多く蓄積した時に、歪みが大きくなって痛みやコリを起こして、ゆっくり病気に近づいていきます。

しかし、病気として完成するか、完成しない状態なのかは、色々あります。

●病気に近づきながら、完成したら、この時に検査すると陽性反応で異常が見つかります。

完成する前では、いくら検査しても数値が少し上がるくらいです。

しかし、病気になって薬を飲むようになっても、数値が改善されれば、内臓自体も変わるのか、と言うと、そんなに簡単には変わりません。

検査数値は改善できても、内臓まで変わるのか、ということになります。

薬でどこまで変えられるか??

人間ドックで検査している方が、肝臓や腎臓がは硬くなって腫れていることが起きることはありません。

背中から内臓のあたりを触ると、硬くなっていることが良くあります。

病理検査で判断するよりも、実際に触ってみて判断している場合の方がよくわかります。

触ってみることと、検査することで体の状態をわかることができます。

しかし、すべてがわかる訳ではありませんが、一番弱っている内臓、疲れやストレスが多く蓄積している内臓はわかります。

一番、弱っている内臓が、少しでも良くなるとその次の弱っている内臓が反応していきます。次々に反応するものを減らしていくわけです。どこまで減らすことをするのか、どこまで良くするのか。

体調と体質

体調とは、疲れやストレスがが多く蓄積すると歪みが起きますが、多くたまればたまるほど、歪みは大きくなっていきますから、痛みやコリがひどかったり、軽くなったりします。

内臓に疲れやストレスがたまることで痛みやコリになりますが、弱い内臓に疲れやストレスがはたまります。

この内臓というのが、体質的に弱い内臓です。

体質的に弱い内臓に疲れやストレスがたまりやすく、たまると歪みが起きて痛みやコリになります体質的に弱いところに疲れやストレスががたまる。この疲れやストレスががたまった状態を体調が悪いと言います。

体質改善という施術をしていますが、体質改善の施術は本当に超が付くくらい特殊な施術です。

どこでもしていない、することができない技術です。変わらないものを変えていく技術です。内臓といっても病気ではありませんが。

痛みやコリの症状は

腰痛が起きやすい方は、腎臓の老化が原因です。弱い腎臓に疲れがたまると筋肉やじん帯のバランスが悪くなったり緩んでしまって骨盤の歪みが起こります。歪みが起きれば体を支えられないで前かがみになった時や同じ姿勢をした時に腰痛、腰が痛くなる、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になります。

軟便や下痢を起こしやすい方は、主には胃の上部の食道の原因か、膵臓が原因です。弱い膵臓に疲れがたまると炎症や腫れていきますので、この症状が起きると下痢したり、軟便になります。また、膵臓の弱さがあると乾燥肌、のどの渇き、かゆみ、アトピー、アレルギー、眠りが浅い、になりやすくなります。

肝臓の悪い方がいるとします、薬を飲んで数値は収まっていったとしますが、数値ではなく実際にあるものは変化したかというと変化していません。しかも数値を抑えるために薬を飲んで悪化しているかも知れません。この例でいえば、肝臓が硬くなっていることであれば、少しずつでも柔らかくしていくことをして働きを上げるのが体質改善の施術です。アルコールを飲まないでも肝臓は悪くなります。民族的に肝臓と腎臓は弱い民族が日本人です。

当院では物自体から変えていく方法が体質改善の施術といっています。物自体が変わってくれば、それに応じて数値も落ち着いていくと思います。

当院では病気を治すものではありません。体を直すことをしています。

弱い内臓に疲れがたまる=疲れがたまると=痛みやコリになる

痛みやコリの原因は体調を落とすことで体の弱い部分が関係して痛みやコリになっています。この弱い部分を変えて強くしていく施術が、体質改善と言う施術です。

例えば、腰痛は、急性的に腎臓疲労が原因で起こります。しかし腎臓疲労が起きた原因があります。

何も原因がなくて腎臓疲労が起きることはありません。

腎臓疲労の原因があって、筋肉、じん帯が緩んでしまって、緩んだ時に重いものを持ったりして急に体を支えられない時に腰痛になります。

腰痛の痛みは、湿布や注射、電気や機械でも良くすることはできるかもしれません。

また、整体やカイロプラクティックなどのボキボキでも良くすることができるかもしれませんが、すべて原因は残っています。

この一時的な解消や改善ばかりしていると先将来の問題を近づけてしまいます。

腎臓の先将来の問題というのは、可能性ですが病気を近づけてしまうと言うことです。

腎臓が弱い方が腰痛になります。弱い腎臓は早く急速に病気に近づいていきます。いつかは腎臓が関係した病気になります。腎臓の病気というと高血圧、あとは腎臓に関係した病気ですね。

ネフローゼ、透析、腎結石などなどです。こ先将来の問題です。これを暗示しているのが腰痛です。

これをならないようにしていくのが、体質改善の施術です。もちろん、こんなことができるのかということですが、簡単なことではありませんので、興味本位で受けてみないで、本質的に考えてください。

体を直していく体質改善

当院では、体質改善と言う特殊な施術をしています。体質改善と言うのは、別名、若返り(アンチエイジング)の施術です。

腰痛、肩こり、頭痛、生理痛、下痢、軟便、アトピー、アレルギー、膝の痛みなどの症状は体調が落ちて起きています。

体調が落ちた時に、体質的に弱い部分が関係して痛みやコリになっています。多くの場合、弱い部分で痛みやコリに関係する所は、関節でもなく、筋肉でもなく、リンパの流れでもなく、神経でもなく、血管でもありません。あと残ったものは、内臓です。

内臓と言っても病気と思わないで下さい。今は病気ではありませんが、進行途中と考えて下さい。病気も1年や3年や5年でなるものではありません。

1年、3年と痛みやコリを時々起こしながら、ゆくゆくは関係した内臓が病気になるとは言えませんが、なりやすくなっていくわけです。(可能性が高くなる)

それをならないように、また、近づかないようにしていくのが体質改善と言う施術でもあり、痛みやコリを繰り返さないようにしていく事が出来る理由です。

ただし、体質改善は数回では変える事はできません。定期的に来院している方のみ、体質改善の方法で変える事をしています。

ですから週1回以上の来院の方のみ進めています。週1回でも来院していれば良いと言う訳ではなく、進める方は進めますが、週1回では進めない方もいます。

これには、個人個人の体力や体の状態が関係します。

弱い内臓は早く老化していきます。老化しながら途中で痛みやコリを起こしています。

これが先将来の病気との関係です。ですから何度も言いますが、今は病気ではありません。未病と言う状態です。

体質改善は、薬やサプリメントでは体質改善はできていません。体質改善と言うのは簡単にできるものではありません。一般的に体質改善と言う言葉を良く聞きますが意味を間違えている場合が多く見受けられます。

痛みやコリは体質と関係しています。体質と言うのは、自分の中にある弱さです。この弱さはの部分は内臓と関係しています。

内臓と言っても今は病気はありません。ですから検査しても異常はありません。異常がないから安心ではありません。

病気になる時も、一週間や10日で病気になることはありませんが、今病気の方も3年前ではなく、10年前から徐々に病気に近づいていきます。

病気に近づきながら、時々、一過性の痛みやコリをい起こしています。時々、痛みやコリを起こしながら、痛みやコリがないときも、進行していきます。

痛みやコリは内臓と関係がありますから、内臓の進行が、徐々に気がつかないで進行していき、いつかは、出てくるのが内臓ですから。

体質改善と言うのは

体質改善と言うのは、簡単では言えない重要な意味があります。体質と言うのを勘違いしている方が多くいます。良く宣伝とかで体質と言うのを使っていますが、全然、体質改善にはなっていません。


サプリメントやクリームを塗って体質改善と言うのは、全然違います。サプリメントは栄養です。クリームは塗っているだけです。これが体質改善の訳ありません。体質改善と言うのはここでしっかり考えて下さい。体質改善と言うのは体質改善 アンチエイジング(若返り)なんです。


腰痛、腰の痛みは

腰痛、腰の痛みなどは、主に腎臓の老化で起きています。腎臓が老化して弱くなっていくと、疲れやストレスをためやすくなります。疲れやストレスをためると一時的に急性腰痛、ギックリ腰、腰痛、腰の痛みなどを起こしています。あくまでもこれは急性状態なので一過性です。

一過性でも水面下で

水面下で痛みやコリがないから大丈夫ではなく、腎臓が悪くなるのは、痛みがなくても進行して言っています。痛みがある時だけ、腎臓から痛みが起きるのは、一時的で、異常があることを時々痛みをしてわかるように自分に知らせてくれています。

とにかく

とにかく体質改善と言うのはアンチエイジング(若返り)なんです。体の若返りと言う事は内臓から若返ることです。内臓から若返ると言う事は、体の中から変わると言う事です。

体の中から若返ると言う事は内臓が強くなる事です。内臓が強くなった分だけ体も元気になることができます。体が元気なる事でも色々な症状が起きにくくなると言う事になります。色々な症状は弱さから起こりますので、弱い所ほど症状を起こしたり歪みになるからです。

内臓が強くなることで

内臓が強くなることが体が若返ることになります。外からいくらしても効果は中から施術するものと違って効果は半分もありません。内臓から若返ることが当院の体質改善の施術です。

例で言うとアトピー アレルギーの方は膵臓、肝臓、副腎の老化です。この内臓が老化して弱くなっているから体調が悪くなると悪化してします。 

アレルギー性鼻炎の方は主に肝臓の弱さで起きています。腰痛、腰の痛みを一度でも起こした方は腎臓の弱さから起きています。腎臓が弱いと腎臓に疲れが溜まりやすく、疲れが溜まったら骨盤や背骨の歪みが起きて腰痛、腰の痛みになります。

悪化させると椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になります。このように少ない例ですが、ほとんどの症状は体質的な弱さから起きています。

体質的な弱さがある所は弱いから疲れが溜まりやすく、疲れが溜まると歪みになって痛みやコリになります。これを根本から変えていくのが体質改善と言う施術になります。
ここではあまり言えませんが体質的な弱さがある所は、先将来の病気になる可能性が多い所です。しかし、今は、病気でもなんでもありません。
病気になっている途中で痛みやコリになっているだけです。
ですから、病気と言っている訳ではありません。当院では病気を治す施術ではありません。病気になる前に ならないようにしていくのが仕事です。

背骨が真っ直ぐな方はいません。

生まれつき背骨は何らかの歪みを持って生まれてきています。
しかも、背骨の真っ直ぐな方はいないと言いましたが、背骨は生まれつき歪みやズレが起きています。
しかし、この時には、痛みやコリはありません。
痛みやコリは、疲れやストレスの蓄積で一時的に起こります。疲れやストレスが溜まればたまるほど、歪みになります。
また、疲れやストレスが減ってしまうと、元の背骨の状態に戻ります。

生まれつきある背骨の歪みの状態が正常状態です。この時には、悪さも痛さも、コリも感じません。しかし、生まれた状態の背骨ではありません。
と言うのは、歳をとっているからです。自分が赤ちゃんの時と、今とは、背骨の歪み方が違います。背骨の歪み方は進んでいます。これが、老化です。

弱い所ほど、歪みはあるわけですから、弱い所ほど、老化は進行していきます。しかも、この弱い所は内臓と関係があります。内臓の老化と言うと、病気です。

つまり、誰でも生まれてから、すぐに老化は始まっています。体も老化するし、背骨も応じて老化していくのが、普通ですから。これを少しでも、変えていこうとするのが、体質改善と言う当院の施術法です。
内臓を強化していく事で、色々な痛みやコリが起こりにくくなります。この施術のことを、体質改善と言っています。
生活することで日々の疲れやストレスが、体にたまっていきます。この疲れやストレスは、体の中でも弱い所にたまります。
弱い所が、なっていく途中で痛みやコリになります。弱い所ほど、老化して悪くなっていきます。老化の最終形態が、病気の可能性の増大です。でも、今は病気ではありません。

体質改善

体質と言うのは、親が病気を持っていれば、その病気の遺伝子は子に受け継がれるものが体質です。
例えば、親が糖尿になっていれば、子供は、下痢、軟便を起こしやすくアトピー、アレルギー持ちが多いようです。
糖尿と言うのは、膵臓が原因です。
膵臓が悪くなっているから糖尿になります。膵臓は、胃の後ろにあります。膵臓の弱い方は、甘いものを好むようになります。
そして、背中の痛み、背中の張り、腰痛、腰の痛み、下痢、軟便、アトピー、アレルギー、乾燥肌、のどのかわき、かゆみ、足のツリなどが特徴です。
病気になってなくても、これらの症状は出ている場合が多いようです。つまり、数値に関係なく、闘病の予備軍です。

今ではなく、先将来、糖尿になるか、どうかの問題だけです。なると断言するものではありませんが、確率が高いと言うは言えます。

なるか、ならないか、わからないものをならないようになる前に考えるのが体質改善です。
体に疲れやストレスがたまっていくと、奥の方に蓄積していきます。
奥の方とは、内臓です。
疲れやストレスが蓄積する所は、筋肉だけではありません。
筋肉にも疲れやストレスはたまりますが、最終的に内臓に蓄積していくのが多いのが普通です。疲れやストレスが内臓に蓄積していくと、その内臓は、老化を早めてしまいます。老化を早めてしまうと、進行が早くなって病気に近づいていきます。

しかし、、今は病気ではありません。
病気も、数年から、数十年かけながら、気がつかないうちに進行して、いつかは、病名がついてしまいます。
痛みやコリが起こりやすい方ほど、先将来に何もないことがなく、問題に悩む確率が固くなります。
悩む前に、悩まないようにしていくのが、体質改善と言う治療です。
現代は、遺伝子検査で、先将来の病気がわかる時代です。
先将来の病気も、数か月や、数年で起きるものではなく5年、10年、又はそれ以上かけながら病気になっていきます。
しかし、病気の検査をしても、今は、病気ではありませんので、検査しても異常がないのではなく、わかりません。
未病と言う状態で色々な痛みやコリが起きてます。未病だから、痛みやコリが起きています。しかし、今は病気ではありません。

未病とは

今は、病気ではないけど、病気になりつつある所が、痛みやコリを起こしています。
今の腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢などの症状は、先将来の病気を暗示しています。これは、必ず、先将来の問題につながります。
しかし、何事にも個人差があります。老化していくスピードが違います。
疲れやストレスがたまる速さ、多さが違います。痛みやコリがなくなっても、この未病状態は残っています。
そんなに簡単に変わる事がないほどの状態だから、時々、痛みやコリを起こしながら老化して悪くなっていきます。最終形態が、病気です。
先将来の病気が、痛みやコリと関係しているとしたら、簡単に考える事ができるでしょか。
腰痛、肩こり、生理痛、便秘、頭痛などは機能低下から起きます。
機能低下とは、『弱って疲れやストレスがたまっている』と言うことです。
(病気と言う意味ではありません。)
弱っている所に、疲れやストレスは、たまっていきます。
◎肩こりを感じる方 ー 心肺機能の低下、胃の機能低下、肝臓の機能低下が原因です。

◎首の痛みや首のコリを起こしやすい方 ー 心肺機能の低下、胃の機能低下、肝臓の機能低下が原因です。
◎腰が痛くなりやすい方 ー 腎臓機能低下、膀胱機能低下、子宮機能低下、前立腺機能低下(男性)
◎ギックリ腰 ー 腎臓機能の低下で起こります。

◎生理痛になりやすい方 ー 卵巣の機能低下、子宮の機能低下、不妊症などになりやすくなります。
◎生理不順になりやすい方 ー 卵巣の機能低下、子宮の機能低下、不妊症などになりやすくなります。

◎下痢を起こしやすい方 ー 下痢は腸ではなくて胃の所で起きます。胃の機能低下、膵臓の機能低下で起こります。
◎便秘を起こしやすい方 ー 腸の機能低下で起きています。 腸のトラブルや痔になりやすくなります。

◎頭痛・片頭痛になりやすい方 ー 脳の機能低下で起きやすくなります。眠りが浅く、夢ばかり見る、寝ながら考え事をしているなどになりやすく、悪化させると、うつ、パニック障害、認知症、などに進む場合が多くあります。
◎セキがでやすい方 ー 肺が弱っています。肺や気管の機能低下で起きています。


機能低下と言うのは、病気ではなく、疲れやストレスがたまっていると言う事です。機能低下の状態を、当院では、『体調が悪い』と言います。
又は、『調子が悪い』とも言います。しかし、疲れやストレスがたまりやすい所ほど、先将来の病気につながりやすく、その確率が上がります。
これをならないようにしていくのが、当院の体質改善と言う治療です。体質改善の治療には、定期的な治療が必要になります。
時々来るか方は、体質改善の治療はできません。体質改善の治療は、極力、疲れやストレスが少ないことが、進める条件になるからです。
このため、その方によっては、早くて2回目から体質改善ができる方もいれば、10回以上、体質改善の準備にかかる方がいます。
週に1回来院されたら体質改善ができる方もいれば、毎日でも来ないと体質改善が出来ない方もいます。


最近、時々、すごく体調が悪くても、感じていない方がいます。脳に疲れやストレスが、たまり過ぎると、鈍感になって痛みやこり、体調の悪さを感じません。


眠れていない事さえわからなくなっています。夜寝たら、朝まで目が覚めなければ、寝ている言う勘違いの方です。


夢ばかり見て寝ていたり、寝ながら考え事をしている方が増えています。起きた瞬間には、夢を見ていたと言う事は、おぼえていますが、もっと浅い眠りの『寝ながら考え事をしている方』が多くいます。この方は、体調が安定しにくく、来院期間を開けると体質改善はできません。理由は、日増しに脳が弱っていくからです。
体質改善 アンチエイジング若返りとは
当院には、体質改善という施術があります。 
体質というのは、クリームを塗っても変わりません。
(クリームを塗って浸透させることで体質は変わりません。クリームを塗っているだけです。)
サプリメントを飲んでも、体質は変わりません。
(サプリメントは栄養です。栄養補助食品です。そんなもので体質が変われば苦労しません)運動をしても、体質は変わりません。


運動は、筋肉を疲れさせます。体も疲れてしまいます。 疲れて循環が良くなるものもあるかも知れませんが、循環が良くなった分だけ、負担になる所もあります。運動すれば良いと言うものでもありません。

体質と言うのを、わかっていないで使っている方が多くいます。体質改善と言うのは、体を変える事です。


良く聞く言葉で、体質改善と言う言葉があります。体質を改善することですが、体質を変える事です。では、体質と言うのは、何なのか??

体質を説明する前に、説明しておかなければいけない事があります。


ここで、ホームページを見ている方に質問があります。どうして、痛みやコリの原因になる歪みやズレが起きるのか??


このことは、専門家でさえ説明できない方が多くいます。この専門家でさえ、姿勢が悪いとか、と言います。いつもと同じように姿勢が悪くても、いつもと同じ足を組んでいても、いつもと同じ座り方でも、いつもと同じ中腰でも、いつもと同じ重いものを持っても、痛くない時があります。




肩こり
肩こりでしたら


目の使い過ぎで肩こり?、スマートフォンを使い過ぎで肩こり?、スマホを見すぎで肩こり?、キーボードを打つ仕事をして肩に力が入るから肩こり?、洋裁・和裁などをして肩こり、事務仕事で肩こり、重いものを持って肩こり、長時間の運転で肩こり、などなど色々ありますが。
色々ありますが、同じことをしても、肩こりになる時と、肩こりにならない時があります。
肩こりも強いときと、肩こりがそうでもない時があります。
この差が、一番関係するのが、体調の状態です。




腰痛、腰の痛み
腰痛も、同じですが


腰痛は、炊事仕事で、前かがみで腰が痛い、横座りをしていたら腰が痛くなった、足を組んで座ったいたら、腰が痛くなった、重いものを持って腰が痛くなった、靴下を履こうとして腰痛になった。
腰痛は、同じことをしても腰が痛くならない時もあれば、痛くなる時もあります。
重いものを持っても、腰が痛くない時もあれば、次の日に同じように持っても、腰が痛くなることもあります。
足を組んでいて、腰の痛みが起きた時もあれば、同じようにしても、腰痛が起きない時もあります。


この違いは!!


生理痛も


生理痛も痛くない時もあれば、生理痛が強いときがあります。 腹痛や腰痛、イライラしやすい、ダルイ、浮腫み、冷え、体調の悪さ、倦怠感、肩こり、頭痛などが生理痛で起きやすいようです。
生理だから生理痛は、当たり前ではありません。生理だからと言って、生理痛が起きるのは、当たり前と思わないで下さい。やはり何かの原因があります。


この原因で生理痛が起きやすくなっています。生理の時に、生理によりホルモンのバランスなども関係しますが、正しく働きていれば生理痛は起きません。正しくとは、最低限、体調が良いことを言います。


体調が悪いと、ホルモンのバランスが悪くなって崩れています。体調が悪いと、ホルモンの働きが低下してしまいます。体調が悪いと、骨盤の歪みや骨盤が開いたりします。骨盤の影響が出てくると、膀胱炎、生理痛、生理不順、便秘なども起きるのは、当然です。



体調が良いか、悪いかを気にしていません。


体調が悪いと、ホルモンのバランスが悪くなって崩れています。体調が悪いと、ホルモンの働きが低下してしまいます。内臓の働きが低下して悪くなります。
神経の流れも悪くなります。リンパの働きの働きが悪くなります。血流も悪くなります。

循環も悪くなって停滞してしまいます。内臓の働きが低下して内臓の色々なものが悪くなります。
歪みやズレが起こります。筋肉のコリが起きやすく長引きます。
骨盤の歪みが起こります。顔の歪みが起こります。体の歪みが起こります。眠りが浅くなります。



体質と言うのがあります。


体調の説明はしましたが、その時でコロコロ変わります。
良いときと悪い時があります。
整体やカイロプラクティックに行くと、足の長さの違いを言いますが、今日は右足が短い、その前は左足が短いと言う感じです。その日で体調が違いますので歪み方が違う訳です。


体調とは違い、体質と言うのは、悪くなっていくだけで良くなることはありません。
体質と言うのは、クリームを塗っても、サプリメントを飲んでも、運動をしても、変わりません。
体調とは、表面上のことですから、日によって変わります。体質と言うのは、体調と違い、良くなることはありませんので変わりません。変わらない所か、悪くなっていくのが体質です。体は老化していくのが、体質です。
年齢に関係なく、若くても、老化は進んで行きます。若い方ほど、老化のスピードは速くなっています。



歳をとるほど、老化のスピードは遅くなるのが普通です。老化の最終形態が、病気です。
又は、病気にならなくても、病気に近づいた状態になります。この事を未病と言います。今は、病気ではないという状態です。今は、です。しかし、なっていないわけではなく、検査してもわからない状態なんです。


病気になるのは、急速になることはなく、ゆっくりゆっくり、誰でも病気に近づいていきます。これが、歳をとると言うことです。内臓の病気もあれば、関節が固くなって動かしにくい状態になっていくなどの老化があります。膝が痛くなるのも、老化です。早く歩けないのも老化です。背中が丸くなるのも老化です。




 


体の歪みが起きるのは、体の中に原因があります。体の中と言うと、抽象的ですが。骨の歪みや体の歪みと骨のズレを起こすのは、筋肉だけで起きているものではありません。もちろん、姿勢などや重いものを持つ、ヒネった事が原因ではありません。
北九州小倉南と小倉北で体質改善 



カイロプラクティック徳力整体院は北九州市小倉や八幡と戸畑と行橋地区で人気の整体とカイロプラクティックをしている施術院です。

ウィキペディアの体質改善 アンチエイジング 若返りの施術

コトバンク