骨盤矯正で小尻にするなら

  • はてなブックマークに追加
  • 初回から骨盤が小さくなること人気で評判の良いボキボキしないと有名な骨盤矯正の専門家でどなたでも骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。

骨盤矯正をする時には初回から骨盤が小さくなりますが、一度で終わる骨盤矯正はありません。当院の骨盤矯正はボキボキもしない痛くない矯正をしていますし低周波治療器や電器を使う事もなく骨盤を小さくする事をしています。

骨盤矯正とは

 

小尻になる骨盤矯正

今まで多くの方の骨盤を小さく小尻にすることをしていますが、ただ骨盤を小さくしたい、小尻にしたいと考えるよりも、どうしたら骨盤が小さくなるのか、考える事も必要です。単純に骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正する事でも骨盤は少し小さくなります。

また骨盤周辺の脂肪や浮腫みを減らす事でも確かに骨盤は小さくなります。しかし骨盤が小さくなっても小さくなった分だけ内臓を圧迫する可能性もあります。骨盤矯正をした後に、生理痛、生理不順が起きたりする事もあります。また便秘が解消どころか強く起きることも他では起きています。

それを避けるためにも検査することをして、どうやったら骨盤を小さくできるのか、見つける事をしています。

骨盤矯正

骨盤の中には、大腸、小腸、膀胱、子宮、卵巣があります。これらの症状や内臓も骨盤矯正をする時に関係があります。

骨盤矯正をする時には

① 骨盤の歪み・骨盤の開きを確認しています。検査して骨盤の歪み・骨盤の開きがあれば矯正しなければ骨場が小さくなりませんが、どうして骨盤の歪み・骨盤の開きが起きたのか、と言う原因があります。何も原因がなくて骨盤の歪み・骨盤の開きが起きる事はありません。

骨盤の歪み・骨盤の開きが、どこから起きているのか、原因があります。この原因から解消する事をしないと、すぐに戻っていきます。つまり維持することや持続性はありません。

② 骨盤周辺の脂肪、浮腫みを減らす事でも骨盤は小さくなりますが、脂肪、浮腫みがどれくらいあるのか、自分でも確認することができます。チカラを抜いて指先で摘まんでみてください。

骨盤の表面上から、皮膚、皮下脂肪、筋肉、じん帯、骨があります。内側には内臓があります。

骨の外側には、皮膚と脂肪と筋肉とじん帯しかありません。皮膚の厚みも人で違います。脂肪の厚みも人で違います。もちろん筋肉の厚みも違います。

まずは、洋服があって皮膚があって、皮膚の下には脂肪があります。この脂肪が増える事もあります。

浮腫みは脂肪の部分と筋肉にも増えていきます。

③ 最近は多くの方が、普通では起きませんが骨盤の骨に炎症やハレを起こしている場合があります。これも検査することが、わかったことなんですが。特に中央の仙骨(尾てい骨)が炎症やハレを起こすと横にも広がります。仙骨が横に広がると骨盤全体が横に膨らんでいきます。そのため骨盤が大きくなりますし感じてしまいます。

④ 内臓にたまった疲れやストレスから起きる歪みやズレと炎症やハレの重なり。疲れやストレスは体にたまっていきますが、内臓にもたまりますが病気ではありません。

骨盤の歪み・骨盤の開きとは

病院になる時には細胞の変化が起きたり、詰まったりすることが病気ですから、内臓にたまった疲れやストレスから起きているモノは病気ではありません。

骨盤矯正

骨盤矯正で小尻になれる

当院では初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしていますが、骨盤矯正をする時には3つの骨盤矯正があります。

1回だけの骨盤矯正:1回目からも骨盤が小さくなりますが、試しに受けてみたい方、時々しか来ない方の方も1回目から骨盤を小さくしていく事ができますが1回だけで維持することや持続力はないのでお勧めしていません。骨盤矯正と言っても骨盤だけ整えれば良いと言う訳ではないからです。しかし本当に骨盤が小さくなるのか、お疑いの方、試してみたい方は、どうぞ。1回だけの方も体調や体力がないと骨盤矯正をしたあとダルクなります。

骨盤矯正を数回は受けて見たいと思う方:初回はできるだけ骨盤を小さくしていく事をしていきますが、変わりすぎるとダルクなります。始めのうちは徐々に変えた方が良いと思います。変えすぎるのも問題なんです。その方の体調や体力に合わせて変えることが大事ですが希望によりダルクなっても良いと言うなら変えます。骨盤矯正をしていく時には色々な関係する部分があります。それを今から説明していきます。開けないで来て3回目、4回目くらいから体質改善に進むことができると思います。

ダルクなる

 

③体質改善で骨盤矯正:当院で一番、効果があって持続力、維持することができるのは体質改善で骨盤矯正をする施術です。体質改善と言うのは体の中から若返らせて体全体を変えていくことができる方法です。体の中から変える事ができるので骨盤だけではなく顔も小顔になれるしウエストも細く引き締まるし体全体が細くなる施術です。体質改善はアンチエイジングの施術であり若返りの施術です。効果的にも、持続力にも、どこにも劣りません。しかし初回からできる方はいません。できるのは体をある程度整えてからです。それには開けないで来て3回目、4回目くらいだと思います。

体質改善

 

骨盤矯正をして行くときには骨盤を小さくすることをしていきますが、どうやったら骨盤を小さくすることができるのか、と言うことが課題です。骨盤周辺の脂肪や浮腫みを減らしても小さくなるかもしれませんが、それでは骨盤矯正ではなく骨盤周辺矯正です。

骨盤矯正ですから骨盤をちいさくしていかないと骨盤矯正とは言えません。骨盤矯正とは骨盤を小さくしていく訳ですから骨盤と言うのは3つの骨でできています。

一つは中央の骨の仙骨(尾てい骨)と両横の骨の寛骨です。寛骨の部分に腸骨、坐骨、恥骨と呼ばれる部分があります。

下の写真を見て下さい。中央の仙骨と寛骨の間の関節は仙腸関節を言いますが、仙腸関節も階段を昇る時も少し動きますが、そんなに大きく動きません。仙腸関節は上体と下肢をつないでいる部分です。そんなに大きく動くことはありません。

動いてもミリ単位しか動きません。骨盤が歪みを起こしても、仙骨の2番目が中心で動きますから、中心である仙骨は大きく動きません。

ですから、どうすれば骨盤を小さくすることができるのか?????

当院では骨盤矯正をしていく時に検査することをしています。検査する時には何を検査するのかと言うと、もちろん骨盤の歪み・背骨のズレ、骨盤の開きを検査しますが、それだけではありません。

それだけで骨盤が小さくなれば苦労しません。当院では検査する事をしていますから検査してみるとあることが起きているのがわかりました。あることとは骨自体が炎症やハレを起こしている方が多くいるからです。

骨盤矯正で

骨盤の骨が炎症やハレを起こしていると骨が肥大したり大きくなったり、変形を起こしていきます。特に構造上から中央の仙骨が肥大したりしていると横に広がりますから、骨盤が大きくなります。これを正常に戻していくと骨盤が小さくなります。

骨盤が炎症やハレを起こしている方は最近、多くいます。骨盤矯正を希望されてきた方全員が骨盤に炎症やハレがありました。

ですから正常に戻す矯正なので安心で安全と言う訳です。骨盤に炎症やハレがあると内臓も正常ではありません。生理痛、生理不順、便秘、下痢、軟便、膀胱炎、尿道炎、尿漏れを起こすこともあります。

しかし骨盤を正常に戻すには体調や体力も使いますから、体調や体力が落ちている方ほど。骨盤矯正をしたあとにダルクなることがあります。

骨盤矯正とは何をしているのか、と言うことを良くお聞きしますから、骨盤矯正の説明をしたいと思います。

骨盤矯正と言うのは骨盤の骨を小さくしていく方法です。

骨盤矯正と言うのは骨盤周辺の脂肪や浮腫みを解消もしていきますが、それでは骨盤矯正ではなく、骨盤周辺矯正となってしまいますので骨盤周辺矯正ではなく骨盤矯正と言うのは、実際に骨盤を矯正をしていく訳です。

上の写真の骨盤を小さくすることが目的で施術していくのが骨盤矯正です。

骨盤と言うのは仙骨と寛骨(腸骨・恥骨、坐骨)からなります。腸骨・恥骨、坐骨と言うのは生まれた時に軟骨結合のため、一つの骨になっていないから、それぞれの名称で呼ぶことです。

骨盤矯正をしていく時には、検査をすることをしています。

検査してみるとわかることがあります。それは骨盤矯正を希望されて訪れた方の全員が骨盤に問題を抱えています。

痛みやコリなどの症状がなくても骨盤に問題を起こしている方ばかりです。

骨盤の問題と言うのは、

骨盤周辺の脂肪や浮腫みを解消しても骨盤が小さくなります。

骨盤の歪み、骨盤の開きです。歪みや開きを整えていく事でも骨盤が小さくなります。

内臓の働きを上げると骨盤が小さくなります。生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎の解消をしていくと骨盤が小さくなって小尻になります。

骨盤に疲れやストレスがたまると骨盤の歪みや開きが起きて骨盤が肥大して大きくなります。改善していくと骨盤が小さく小尻になります。

あとは特別なことなんですが普通では起こりませんが、最近、多くなっていることがあります。骨盤自体の骨が炎症を起こして大きく変形を起こしている場合や骨盤の骨がハレ上がっていることで骨が肥大しながら変形していることがあります。特に中央の骨の仙骨が炎症、ハレがあると骨盤が大きくなります。

眠りが浅いと骨盤が大きくなります。眠りの改善をしていくと骨盤も小さくなります。

体調が落ちていると自分でも気が付かないで骨盤の歪みや開き、炎症やハレが起きて骨盤が大きく肥大しながら変形していきます。これらを整えて行くと骨盤が小さくなります。

①から⑦を検査してみると、多くの方に該当します。

骨盤矯正をして行くときには、体調や疲れやストレスの蓄積も重要なことになります。

整えたり改善したり、解消することで骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。

当院の骨盤矯正は自然でキレイに細くなる小さくなることで評判の良い骨盤矯正をしています。

無理な骨盤矯正はしていません。

骨盤矯正とは

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていく時には矯正に入る前に骨盤を触っておぼえてもらいます。骨盤を触る時には手を当てるだけではなく、手を置くだけではなく左右差を感じようとするとわかりやすくなります。

骨盤矯正

当院では骨盤矯正と言うよりも骨盤の骨盤の治療をすることが多くなっています。と言うのも骨盤の歪みや骨盤のズレは当然、対象ですが、多くの方が骨盤に炎症やハレが起きていることが多いからです。

骨盤の、筋肉、じん帯、脂肪、骨、内臓などに炎症やハレが起きていることが多いからです。

当院では検査することで、

●筋肉、じん帯の炎症やハレがあるのか検査する事をしています。関節は筋肉やじん帯で固定されていますから、筋肉、じん帯が緩んでしまっていると固定できませんから、炎症やハレを検査することで確認して骨盤が正しい位置に収まるようにして小尻にしていきます。

筋肉やじん帯が炎症やハレがあると脂肪も多くなったり、浮腫みやすくなりますから。

●最近は特に普通では起きないことも起きていますから、普通では考えられない骨盤の骨の炎症やハレまで起きている方もいます。

骨盤の骨の炎症やハレがあっても、その痛みやコリは感じません。骨の炎症やハレがあると脂肪になりやすく浮腫みになります。そして骨が炎症、ハレを起こすと骨が大きくなって肥大していきます。特に中央の骨の仙骨(尾てい骨)が炎症、ハレを起こすと真ん中の骨が大きく広がりますから、真ん中が大きくなれば骨盤は大きく感じますから。

●骨盤矯正をする時に骨盤の中にある内臓も深く関係します。骨盤の中の内臓と言っても病気ではありませんが、内臓に疲れやストレスが多くたまっていると生理痛が起きたり、生理不順になったり、便秘になったり、膀胱炎になりやすくなったり、尿漏れが起きることもあります。

生理痛、生理不順の方は生理の時だけではありませんから、いつも原因があるから生理のトラブルになります。骨盤を整える事でも生理痛が解消するかも知れません。

特に腸から起きる便秘の方は、骨盤全体が大きくなりやすくなります。腸に便が多くたまって出ないとお腹が膨れるだけでは済みません。骨盤自体が炎症を起こして肥大したり、骨が膨れると言うことも起きていきます。

大きくなると脂肪も付きやすく浮腫みやすくなります。

生理痛、生理不順、膀胱炎の方は骨盤の下部が関係しますから全体が広がりながら恥骨周辺の下部が大きくなります。足の付け根の股関節の部分が大きくなります。

複合的に重なって起きていることもあります。

特に今まで骨盤矯正を希望されて来院された方は、全員、検査してみると骨盤の異常が起きていました。ですからこれを整えて正常にしていくだけでも骨盤が小さくなります。

当院では検査することで骨盤の異常を見つけていくことができます。そして異常を見つけたら改善する技術があります。

●最近は本人は気が付いていないで体調がすごく悪い方が増えています。この体調の悪さは、眠りが出来ていない方ですが、中には眠れていないことさえわからない方もいます。

眠りが浅くて眠れていない方ほど元気そうに見えるし、実際にそう感じていますが、これはどんなに歪みやズレが起きていても椎間板ヘルニアがあるくらい体調が悪くても脳が疲労すれば感じません。感じない限りは体調が良いと思っています。

この方の体調のことを「奈落の底のような体調」とか、無限大まで落ちている体調」と言いますが言葉だけ耳で聞いて、そのことを良く考えようとしません。

眠りが出来ていない方、夢ばかり見て寝ている方、寝ながら考え事をしている睡眠をしている方などが眠りの問題になって脳疲労が強くなって睡眠負債になります。睡眠負債の方は浮腫みやすく骨盤の状態がひどくなっています。しかしどんなに骨盤や背骨が歪みを起こしていても痛みやコリを感じません。だから「元気」とか、「体調が良いと思ってきました」とか言います。

自分で感じるほど体調は良くありません。陽気の変動や環境の変化、眠りの深さなどが変わってきていますから。

 

本当に多くの方が骨盤の骨自体に炎症やハレが起きています。

当院の骨盤矯正はそれを治療していくことで小尻になる骨盤矯正をしています。

 

 

評判の良い骨盤矯正

当院の骨盤矯正は初めから骨盤が小さくなります。

骨盤が大きくなったり、骨盤周辺の浮腫みが多くなったり、お尻が大きいと感じたら当院の骨盤矯正で骨盤を小さくする骨盤矯正をしていきませんか??

当院の骨盤矯正は体を直していく骨盤矯正ですから、効果が高く人気のある骨盤矯正です。

初回は骨盤を手でもむようにしていくと小尻になっていきますから骨盤矯正に入る前に自分の手で骨盤の横を触っておぼえて下さい。この時に多くの方が骨盤の横を触ってと言うと違う部分を触っていますので、骨盤の横です(横幅をおぼえる訳ですから)。

おぼえたら骨盤矯正に入りますから、痛くもないので力を抜いて横になっているだけです。

この時に寝てらもう一度、骨盤の横幅を触ってもらいます。

では本当に骨盤矯正に入ります。

骨盤矯正を受けに来られた方
北九州市小倉北区の40代の女性
スカートをはくときに骨盤を小さくしてみたいと思って予約してみました。骨盤矯正をお願いします。

院長:
骨盤矯正に入る前にこの方の骨盤を検査してみると骨盤が大きく広がっていました。骨盤が大きく広がっている原因は膀胱炎が原因でしたので骨盤の広がりを改善していく為にも骨盤矯正と同時に膀胱炎を改善していくようにしていくと骨盤が小さく小尻になっていきました。
矯正している時に検査してみることで膀胱炎の疑いがあると言うことがわかりましたから聞いてみると膀胱炎を繰り返していると言われました。
骨盤矯正と言うには骨盤の中の内臓、すべて関係していますから、ただ、骨盤矯正をしても効果が少ないこともあります。なので検査することが重要になります。
この方の骨盤矯正の回数は7回くらいかかりましたが、体質改善の治療も希望されたので体の中から若返りの治療で内臓を変えて強くして行っています。そうすると体も細く引き締まってウエストが細くクビレがでてきて以前とは違う体つきになっています。
北九州市小倉南区の20代の女性
脚のモモの部分が太くて骨盤矯正しかないと思ってきました。

院長:
骨盤矯正をする前にこの方の骨盤の大きさの原因は特に骨盤の下の部分が大きくて太くなっていますから、足に関係しやすくなっています。検査してみると骨盤の下部が異常に開いています。この方の骨盤の歪みの原因は腎臓でした。聞いてみると数年前から椎間板ヘルニアがあって治らないという事でした。
この椎間板ヘルニアの原因が腎臓ですから、腎臓の改善をすることと骨盤の治療をしていくと骨盤が開いたり、歪みが起きているのが徐々にですが変わって閉じていきました。そうすると骨盤が小さくなっていきました。この方の回数は13回くらいかかりました。
北九州市八幡東区の40代の女性
体がダルクて骨盤矯正でもしてみたいと思ってきました。骨盤矯正をすると調子も良くなるかなと思っています。昔から生理痛で悩んでいるのと自律神経失調症になって数年たっています。

院長:
骨盤矯正をする前に検査してみると体調がすごく良くないので治療した後「ダルク」なるかも知れないと説明しておきました。「ダルク」なる方は体調が悪い方です。回復する方に体力を取られると足りなくなるからです。これが「ダルク」なると言う現象です。

この方の背骨を見てみると背骨がズレが起きてガタガタしていました。背骨と背骨の間にある軟骨も膨らんで椎間板ヘルニアになっている箇所が数か所あります。
この椎間板ヘルニアの部分は背骨のズレですが、ズレが起きた原因が内臓疲労から起きています。
ですから内臓から元気にしていくことをしないと調子も良くなりません。
骨盤矯正と言うよりも全身の調整が必要ですから、骨盤の歪み・背骨のズレ、内臓の調整をしていくことから始めました。
骨盤矯正で骨盤の歪みが解消していくと調子も良くなって色々な症状が楽になっていきました。
この方は体質改善の治療を希望されましたので、体質改善の治療で体の中から強くしていくことで体を変えていくことをしています。
北九州市小倉南区の30代の女性
骨盤矯正で小尻になりたくてきました。

院長:
骨盤矯正をする前に、骨盤を検査してみると骨盤の骨が炎症を起こしています。何も症状がないと言う事ですが、時々あるのが骨の炎症で骨がハレ上がっている方です。
多くの場合、こんなことは起こりませんが時々骨の炎症してハレていると言うよりもハレ上がっている方がいます。
骨がハレ上がっていると浮腫みやすく脂肪が多くなってしまうことが多くリンパの流れも停滞していきます。
そうすると足が太くなります。特にモモの部分が太くなるのが多く見受けられます。
改善していく為には、まずは骨盤の骨がハレ上がっていることから減らしていくことを初めて行きます。
そうすると小尻になりますが、1回では困難です。数回以上はかかりますから、しかも骨がハレ上がっているのは別に原因がありますから、それを見つけて改善することが必要です。
行橋市の20代の女性
とにかく小尻になりたい。

院長:
骨盤矯正に入る前に、自分の手で骨盤の横を触っておぼえてもらいました。骨盤矯正をした後に、もう一度触ってみる為です。
どれくらい小さくなったのか、確認する為です。

 

小尻になる骨盤矯正

骨盤矯正が人気です

当院の骨盤矯正は、本当に骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。当院は他の骨盤矯正を受けた方が効果がなかったと言って来院されていますから本当に効果はあります。

当院に骨盤矯正で訪れた方から

「初めは本当に骨盤が小さくなるのか疑問でしたが、本当でした。」とか。

「どうしても下半身が太くて悩んで色々なエステや骨盤矯正を受けてきましたが、効果がなくて、友達に相談したら紹介してくれました。」とか。

「電気もかけないで手でしてくれるので安心ですけど、初めは本当に変わるのかな、と思っていましたけど、本当でした。」とか。

「骨盤矯正できましたが、骨盤も小さくなりましたが、それよりもウエストが細くなったので驚きです。。」とか。

『骨盤周辺の浮腫みがひどくて脂肪も多いような感じで骨盤矯正に来てみました、1回目から浮腫みが減ってウエストあたりが少し引き締まりました。」とか。

「いままでエステで骨盤矯正をしてきましたが脱ぐ必要もないし、本当に骨盤が変わるから良いと思います。」とか。

「他の整体院で骨盤矯正を受けてきましたが骨盤が変化しないので、ここの骨盤矯正はもんでいるだけですが本当に変わりました。」とか。

当院は口コミなどでも人気のな骨盤矯正をしていますけど簡単にしているように見えますが、ここまで来るのに30年以上かかっている技術です。

簡単なようで簡単ではありません。

当院の骨盤矯正を受けた後に体調が悪い方、体力がない方は「ダルクなる」ことがあります。

この反応は悪い訳ではありませんが、体調や体力の落ちた方が起きますから、体調や体力を上げていけば出なくなって体調や体力が上がります。

 

骨盤矯正に入る前に自分の骨盤の幅をおぼえて下さい。どれくらい骨盤が小さくなるのか、ということがわかります。

当院の骨盤矯正は、マッサージではなく、マッサージしているように見えますが、ただ、マッサージしている訳ではなく、マッサージ、又は、揉んでいるようしていますが、本当にただ、それだけで骨盤が小さくなっていく骨盤矯正です。

簡単なように思えますが、かなり高等テクニックですが、できる院長がすれば、本当にそれだけで骨盤が小さくなります。

ですから誰でもできる骨盤矯正でもありませんし、院長だけができるマッサージ感覚の骨盤矯正です。

もし患者さんが院長をまねてしても効果はありません。

院長だから骨盤をマッサージするみたいにしているだけで骨盤が小さく幅が狭くなっていきます。

 

当院の骨盤矯正は人気の理由があります。その理由は初回から骨盤の幅がわかりますから、評判の理由です。

当院の骨盤矯正は、院長が実際に直に骨盤矯正をしていきますが、多くの方にある骨盤の状態を検査することで異常を見つけることができます。

何も痛みやコリがなくても、多くの方に骨盤の異常があります。

この異常というのは歪みや、開き、骨盤の骨自体の炎症、腫れなどが起きています。今まで骨盤の異常が起きていない方はいませんでした。これから来る骨盤矯正を希望の方で異常がない方が来るかもしれませんが。

自分でも気が付いていないで骨盤に異常を起こしていると骨盤周辺が浮腫みやすく、骨盤周辺に脂肪が付きやすくなります。

 

骨盤矯正で骨盤を小さくしていくことをしていますが、当院の骨盤矯正は、かなり特殊です。

骨盤矯正で小尻になるには色々あります。

●骨盤ベルトでいくら固定して骨盤を小さくする骨盤矯正。

●骨盤ベルトを巻きながら腰を回して骨盤を小さくする骨盤矯正。

●無理に骨盤をぎゅっと押さえつける骨盤矯正。

色々な骨盤矯正があると思います。

当院の骨盤矯正は、マッサージするみたいに骨盤をマッサージして小尻にしていきます。

マッサージというと簡単そうに見えますが、簡単な方法で骨盤矯正をしていますが、簡単にしている訳ではありません。

骨盤周辺や骨盤の真ん中を揉むようにしたりして骨盤を小さくする骨盤矯正ですから。

院長の手が、いく所はすべて検査して判断して変えていきます。手でマッサージする部分を判断して、どう言う風に変えたら変わるのか、ということを判断しています。

 

ただ骨盤を揉んだって変わるものではありません。

そんなに何も意味がないのに揉んでいるだけで変わるほど、甘くはありません。目に見えないことをしているから骨盤矯正で小尻になっていきます。

実は、簡単にしていますが超がいくつもつくくらい特殊な骨盤矯正です。

院長だけができる超特殊なテクニックです。できる人がするから簡単そうに見えますが。

当院の院長も、ここまでになるのに30年かかっています。30年かかってやっとできるようになった骨盤矯正ですから。簡単にしていますが、簡単ではありません。

いつも いつも技術力を磨くようにテクニックが向上するように努力しています。

骨盤が小さくなる骨盤矯正をしていますが骨盤矯正をしていくにも2通りの骨盤矯正があります。

骨盤が小さくなる骨盤矯正
一つは

①体調を上げていくことで骨盤が小さくなる骨盤矯正です。

この骨盤矯正は初回からして骨盤が小さくなることを理解してもらうことで骨盤を小さくしていく骨盤矯正です。

今まで多くの方が骨盤矯正に訪れましたが、全員が体調が悪く体調の悪さを感じていない方ばかりでした。

痛みやコリがないから、または、大したことがないからといって、関係ないようにしていても、しっかり顔を体は関係があります。

体の歪みや体調が悪いと、骨盤矯正だけをしても、持続力も低下していくし、骨盤が小さくなりにくくなります。

骨盤矯正をしていく上で、体調や歪みというのは重要です。

体調が悪いということは、疲れやストレスがが多く蓄積しています。

体に疲れやストレスが蓄積するということは、歪みが起きるだけではなく内臓に疲労が蓄積しています。

病気ではなく最終的には内臓に疲れやストレスがたまっています。

内臓に疲れやストレスががたまることが歪みを最大に起こしています。

骨盤の歪みを起こすときに内臓が関係しています。

だから内臓の調子を上げないと骨盤の歪みがなくなりません。歪みが減らないと骨盤を閉じようとしても閉じませんし、歪みが起きたままです。

骨盤の歪みや開きは腸の働きや膀胱、子宮の働きに関係しています。

腸の働きの低下(便秘など)、膀胱炎、生理痛に関係する子宮や卵巣の問題があるのに、骨盤が閉じるわけありません。

いくら骨盤の歪みだけを表面上で解消しようとしても、また、歪みが起きたままです。

これを減らすだけで骨盤が小さくなります。しかし、一度ですべての疲れやストレスがを減らすことができる訳はありません。数回かかって減らしていくと骨盤の浮腫み、骨盤の幅、骨盤の大きさ、歪みが減っていきます。

患者様の声
小倉北区の30代の女性
骨盤周辺の浮腫みが多くて悩んでいました。

※多くの方が、骨盤周辺の浮腫みに悩んでいますね。特に骨盤周辺は浮腫みやすく、代謝も悪くなりやすい部分です。

しかも、骨盤の悩みを抱えている方ほど、骨盤が歪みを起こしていることや、場合によっては骨盤自体が炎症を起こしている方が増えています。

この方の場合も歪みが大きく骨が炎症を起こしていました。最近は、骨盤矯正といっても、体調が悪く、体調が悪いと骨盤が歪みを起こしているのが普通ですから。

骨盤も歪みが大きくなると炎症も起こりますし、それ以上に骨盤臓器が、弱ったり、炎症も起きることもあります。(病気ではありません)

それらを解消して、骨盤を整えていくと、骨盤が徐々にですが、小さくなっていきました。これは、ご本人も確認してわかっています。
八幡東区の20代の女性
骨盤が大きくてパンツがきつくなってきて、時に足の太もものあたりが大きくなりました。エステに行っていましたが、高額だし効果が出ないので、進められてきてみました。

※この方の骨盤は、循環がわるいことと、どうして循環が悪いのかという原因が関係して骨盤が大きくなっていました。

この方は、生理痛がひどいということを聞きましたので、骨盤の下部のほうを触らないで確認すると、かなり骨盤の下のほうが開いていました。

この開きから骨盤の下部に影響が出て太ももが大きくなってリンパの流れと循環が悪くなって骨盤が大きく開いていました。

少しずつですが、太ももが細くなっていきました。そして骨盤も整いつつ、生理痛も軽くなっていっています。
戸畑区の40代の女性
鏡を見ても骨盤が太いので小さくしたい

※この方も骨盤が大きく歪みが起きていていました。骨盤を狭めていくためには、体調から上げていかないと、効果と戻りやすくなるので、説明して、体調から改善していくようにしていきました。

骨盤も、全体的な部分と骨盤の中央の仙骨(尾てい骨)の部分の幅を狭くなるようにしていきました(不自然に広がっていましたので)。

そうすると骨盤が歪みが改善できて、骨盤が狭くなって小さくなっていきました。骨盤矯正に入る前に、ご自分の手で骨盤を幅を触ってもらっています。変化がよくわかりますから。

当院の骨盤矯正は骨盤矯正に入る前に、自分の手で幅を覚えてもらいます。アフターとビフォアーがわかるようにして骨盤矯正をしています。
小倉南区の50代の女性
年齢的にどうかと思いましたが、そんなことは気にしないで来てみました。

※当院の骨盤矯正は年齢に関係なく骨盤矯正をしていますから、安心してください。
この方の骨盤は骨盤の歪みと内臓疲労から起きています。
骨盤が広がったり、歪みが起きるのは、内臓の場合が多いようです。内臓といっても病気ではなく、内臓疲労です。

内臓疲労から、骨盤が歪みを起こしていることが多くあります。
骨盤の歪みは内臓というよりも、体調ということになります。
体調が悪いということが内臓疲労になります。
この内臓疲労が骨盤の歪みを起こす最大の原因です。
この方が頑固な便秘があって腸が膨張していました。
この腸の働きの低下が骨盤の歪みを起こして骨盤が開いた原因になっています。
ですから骨盤矯正というよりも、便通をよくすることと腸の働きを上げることと体調を上げることが骨盤矯正になります。

 

評判の良い矯正は

骨盤矯正で骨盤が小さくなって、小尻になる為には、体調と体質の関係があります。体調と言うのは、わかりにくいものですが、体調を上げる施術をして骨盤矯正をしないと、効果と戻りが大きくなります。

体調と言うのは基本的なものですから、骨盤矯正で骨盤だけ小さくしても、変化が出にくく、効果と維持力が減少していきます。

特に電機や機械で骨盤矯正が出来ても、効果は出てくれませんし、もし出ても、戻りが大きくなります。

体調を上げる時には、体調がかなり深く関係しています。体調が良くならないと、骨盤矯正の効果が半減してしまいます。

体調と言うのは、大変、わかりづらくあります。

当院でも多くの方が骨盤矯正に来院されますが、体調が悪いのに、体調の事は言わない方も多くいます。

体調が悪いと、体は歪みを起こしています。もちろん、骨盤も歪みを起こして骨盤が開いたり、歪みが強く起きていたり、骨盤の骨の炎症や、骨自体が腫れていることもあります。

普通は、これくらいのことが起きていると、張りや、痛みやコリを感じているはずなんですが、感じにくくなっている方も多くいます。

これは、痛みを感じる神経の問題が起きている関係です。

体調が良いと(悪くないと)思う方も、当院で検査して、状態を説明しています。

① 予約するときは、来院しようと思う日と時間を決めて携帯の番号を用意して、「ホームページを見ました」と始めに言ってお電話で予約して下さい。


② 予約日には予約時間の5分前に来院して下さい。必要事項をかいてもらう時間が必要ですから。

③ 骨盤矯正に入る前に、院長から、どこを変えたいのかお聞きします。

④ 骨盤矯正に入る前に、いま、現在の骨盤の幅を触っておぼえましょう。触り方は一番わかりやすい触り方を教えますので、その触り方をして、おぼえていましょう。

⑤ 施術台に寝てもらって、骨盤矯正に入りますが、先ほど触った自分の骨盤を寝たまま触りましょう。

⑥ 特に骨盤矯正でもウエストが変わりますので、ウエストの幅を初めに触って下さい。

⑦ 骨盤矯正に入りますが、デモンストレーション的に、20秒くらい院長がウエストを揉みます。院長が20秒くらい触っただけでウエストが細くなっています。

⑧ 本格的に骨盤矯正に入ります。20分くらいの骨盤矯正ですが、長くすればいいと言う訳ではなく、20分くらいの骨盤矯正が一番効果が大きく表れます。

⑨ 骨盤矯正中ですから、もう少しお待ちください・・・・。

⑩ 骨盤矯正後には、もう一度、骨盤を触ってみてください。骨盤が小さくなっています。

⑪ 骨盤矯正には1度で変わりますが、数回受けて下さい、1回の骨盤矯正では体に蓄積したものや歪みは解消できません。

⑫ 当院には体質改善で骨盤矯正をする方法があります。体質改善の施術は一番、小尻効果と持続力があるので人気の骨盤矯正になります。

体質改善の施術は、定期的に受けている方のみできます。期間を開けるとできません。体質改善による骨盤矯正は回数券をお勧めしています。と言うのは、受けてれば受けるほど体形が変わってくるからです。当院の体質改善の施術は当院だけの施術なので他ではしていません。(ここをクリックして)

名医だから骨盤矯正は

当院の骨盤矯正は小尻になれるので数ある施術の中でも人気の矯正法の一つです。

骨盤矯正をする時も、ただ骨盤を小さくしていけば良いと言う訳ではありません。それでは、戻りも大きく浮腫み安くなります。

今まで、多くの方が当院の骨盤矯正の矯正をしていますが、多くの方が体に疲れやストレスがたまった状態になっています。

疲れやストレスと言うのは、電気で刺激しても、ボキボキしても、寝ても、サプリメントをとっても、旅行に行っても、温泉に入っても解消しにくいのが疲れやストレスです。

多くの方が簡単に考えていますが、毎日の生活や死後のストレスなどが多く、ドンドン日増しにたまるのが疲れやストレスです。

どうして疲れやストレスが骨盤矯正に関係するのかと言うと理由があります。この理由から減らしていていく事をしないと、浮腫みやタルミ、小尻になることができないからです。

ただ、ボキボキしたり、マッサージをしたリ、リンパマッサージをしたリ、電器や機械をしても骨盤んは維持するのが、小顔と同じくらい難しいようです。

小尻になる為には

骨盤が小さくなって小尻になる為には、体調と体質が重要です。

体調と言うとわかりにくいですが、体調は痛みやコリがなくても落ちている場合が多くあります。体調が悪いと言う事は、疲れやストレスが多く蓄積しています。

疲れやストレスが多く蓄積していると循環や血流、リンパの流れ、老廃物の流れ、内臓の働き、筋肉疲労の蓄積、ホルモンのバランスなどが低下して悪くなっています。

ほとんどの方が、体調というのをわからない方もいます。風邪を引いて寝込んでいないと体調が悪いと思わない方います。

しかし、寝込んでいないでも体調は低下しています。体調が低下して慣れていると、わからなくなる方もいます。
体調は痛みやコリがないとわかりにくいですが、ほとんどの方が体調を落として当院に来院されます。

体調と言うのは

体調が悪いと歪みが起きています。必ず、多少なりとも疲れやストレスはあります。疲れやストレスがない方は生きていません。

人は疲れやストレスとうまく付き合って生きています。

自分には疲れやストレスはないと言う方がいたら、全然、疲れやストレスを良く分かっていない方です。

いくら良い骨盤矯正をしても、骨盤矯正が出来ても、体調が落ちている方は、戻りが大きくなります。また、しばらくすると浮腫みが多くなって脂肪になります。

股関節の部分が広がっていきます。つまり、骨盤が広がります。骨盤が広がっていくと生理痛や生理不順、子宮や膀胱の問題が起こります。

骨盤の中の子宮の正しい位置から移動する子宮脱や膀胱炎も起こりやすくなります。

骨盤が歪みを起こしていると妊娠しにくくなります。又、妊娠中に骨盤が歪んでいると、出産してからの子供の成長に影響していきます。

特に、妊娠中の骨盤は重要で、骨盤が歪んでいると歪みが起きた骨盤の中に胎児はいますから、影響が大きくなります。

痛みやコリはなくても骨盤矯正は大事だと言う事がわかりますよね

当院の骨盤矯正は小尻になれる骨盤矯正です。骨盤が小さくなって小尻になるためには、体調も肝心な要素です。

体調も上げて良くしていかないと、いくらどんなに良い骨盤矯正をしても、戻りやすくなりますから。

体調が悪いと言う事は、歪みが起きて疲れやストレスが多く蓄積している場合ですが、体調が悪いと痛みやコリが起きていなくても色々な所に負担になっています。

体調を上げるとは、簡単ではありません。マッサージやボキボキしても上がることはありません。ましてや電機などは刺激ですから体調を上げると言う事はできません。

電器は刺激ですから、電器で刺激をして体調が上がることはありません。また、サプリメントは栄養ですからサプリメントを飲むよりも食べ物で取った方がおいしいです。
食べれないからサプリメントで栄養を補給するわけですから。

小尻になる骨盤矯正

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから骨盤矯正は痛くないので口コミで人気の初回から小尻になるおすすめと評判の名医はマッサージ感覚で骨盤矯正をしていきます。

ウィキペディアの骨盤矯正

コトバンク