肩こりを治療するには楽にしてから

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こり

肩こり解消の専門家

肩こりの起きる原因は、①筋肉のコリから肩こりの場合、②背骨のズレが原因で筋肉のコリが起きている肩こり、③筋肉のコリでもない背骨のズレでもないものから起きている肩こりがあります。

当院では癒しでもなくマッサージでもなく治療をしています。肩こりを直していく治療をしています。一時的な楽になる肩こり解消ではなく肩こりを直していくことができる治療をしています。

肩こりと言うと筋肉のコリなので、気が付かないで筋肉を使いすぎていると酷使になりますから酷使から肩こりになりやすくなります。

腕や肩を使う事すべて、肩の使い過ぎにつながります。筋肉も使いすぎれば使いコリが起きやすくなります。

何気(なにげ)なく、いつも使っている肩ですから、肩を使うこと、すべて筋肉疲労の対象になります。

特に最近は多くの方が何気にスマホを使っていますが、スマホの操作と言うのを慣れていても肩や腕に力が入っています。

肩こりの原因

肩こり、肩の痛みの治療を受けた方の感想

 

肩に力が入る状態が長く続くと肩の筋肉は疲労していきます。この連続でもなくて時々、使う肩ですが、荷物やバックを持つことでも肩に力が入っています。

いつも持ちやすい為に同じ肩ばかり荷物やバックを持っていると肩の筋肉の使い過ぎになっています。この使い過ぎが自分でも思っていないことが多く筋肉のストレスになっています。これも肩こりに進行していきます。

同じ姿勢で車の運転する方も自然とハンドルの維持に肩に力が入っていますから、肩の筋肉は疲労して筋肉疲労に進行していきます。これも肩こりの原因になります。

普通に生活したり、仕事したり、運動したりすることでも筋肉は使っていますし、普段から筋肉疲労の積み重ねが多くなっています。

症状がないからといって筋肉疲労が起きていないことはありません。

肩こりを時々でも感じる方、いつも肩こりがある方などは程度が違うだけです。

肩の筋肉を使いすぎることは、多くありますから、使いすぎていると肩の筋肉は披露してしていきます。

スマホや車の運転以外でも家事をすることも手や肩を動かします。

掃除も同じです。買い物も重いものを持たなくても何かを持つ動作自体が腕や肩の筋肉を使っています。肩や腕を使うこと自体が筋肉疲労を生んでいます。

肩こりとは

肩こりとは

肩こりを一時的に楽にする方法は色々なあります。湿布を貼っても低周波治療器や電器、マッサージ、サプリメント、注射をする、ボキボキすることなどは一時的な肩こりを楽にしているだけです。

肩こりを楽にすることと肩こりを直すことは違います。いつまでも肩こりを楽にするばかりでは何も変わらない所か原因が進行していきます。肩こりには肩こりを起す原因があります。

肩こりが起きた方は考えるようにして下さい。

肩こりが起きた原因を!!!! 肩こりが起きた理由を!!!


肩こりが起きるときには筋肉のコリだけではなく、どうして筋肉のコリを起こしたのか、と言う理由があります。
筋肉のコリから肩こりになる

 

当院では検査することができますから、検査して本当に肩こりが筋肉のコリから起きているのか、と言う事がわかります。

詳しくは検査の説明のページへ

●筋肉がコリを起こして肩こりになっているのか??。

●血流が悪くて起きている肩こりなのか??。

●リンパの流れが悪くなって老廃物の蓄積から肩こりになっているのか??

●筋肉を使いすぎて筋肉疲労から起きる肩こりなにか??

●いつも同じ肩ばかり荷物を持つから肩こりが起きているのか??

●仕事で腕や肩を使うから起きている肩こりなのか??

●使いすぎて筋肉が炎症やハレが起きていることで肩こりなのか??

●同じ姿勢で長くいた為に起きた肩こりなのか??

●細かい仕事ばかりしているので肩こり??

色々な肩こりがありますが、肩こりの原因である筋肉が、どう影響して肩こりになっているのか??

検査することで筋肉のコリなのか、筋肉以外から起きる肩こりなのか、確認していきます。

ただ、肩こりを治療する時に低周波治療器や電器をあててコリを散らすこともできますが、散らしても肩こりを直している訳ではありません。

低周波治療器や電器はプラスからマイナスへ低電流を流しているだけですし、電気をすると余計に筋肉疲労が起こっていきます。

低周波治療器や電器をすると一時的に循環が良くなります。一時的にリンパの流れも良くなります。しかし原因が変わった訳ではありません。筋肉のコリがある上に筋肉の疲労を重ねると言う事をしているのが低周波治療器や電器です。

肩を揉むことも肩こりを楽にすることにもなることもありますが、それは肩こりが筋肉のコリから起きている場合だけです。

肩こりというと関係する筋肉は僧帽筋という名前の筋肉です。この僧帽筋は頭の付け根から肩から背中まである大きな筋肉です。そのため、首の痛み、首のコリも起きたり、頭痛なども起こしたりすることで知られています。

僧帽筋のコリが肩こりになる

 

コリを楽にする、コリを直すこと

肩こりを楽にしていくことと肩こりを直すことは違います。多くの治療院でも肩こりは楽にできても直すことはできていません。

当院の肩こり解消は肩こりを楽にしたら肩こりの原因から変えていくことをしています。

肩こりというと筋肉の問題ですが筋肉だけでも、筋肉のコリ、筋肉の緊張、筋肉の硬縮などがあります。

この肩こりが起きている時に、何も原因がなくてコリが起きたり、リンパの流れが悪くなったり、老廃物が蓄積したり、筋肉が固くなると言う事はありません。

薬やサプリメントで筋肉をやわらげると言うものがありますが、ビタミンなどで筋肉をやわらげるよりも原因から解消することを考えて下さい。

肩こりも低周波治療器や電器などで一時的な緩和状態をして肩こりを感じなくなっても肩こりが直った訳ではありません。肩こりが楽になったと言うことと肩こりが直ったと言う事は違います。

低周波治療器や電器などでは一時的に楽にするだけです。マッサージなどでも筋肉をいくらもんでも一時的に肩こりを楽にすることはできても、肩こりになっている原因は進行していきます。

低周波治療器や電器、マッサージでも肩こりを長く感じさせないこともできます、しかし、肩こりを感じないだけで肩こりを起こした原因は時間の経過とともに進行していっています。

例えば、肩こりの原因が筋肉とします。この筋肉も老化して固くなっていきます。筋肉の老化ですから、いくらもんでも低周波治療器や電器をしても、もう手遅れで柔らかくなりません。(ただし当院の体質改善の治療は別ですが)

肩こりを解消するためには

1回目

まずは誰でもある筋肉のコリから改善してほぐしていきます。首の部分から肩の部分までを柔らかくすることをしていきます。筋肉のコリも、コリだけではなく筋肉の炎症や筋肉のハレがある方もいます。

そして筋肉のコリも筋肉だけの問題なのか、筋肉の炎症や筋肉のハレから起きているのか、又は免疫に関係するものの敵対勢力が増えてしまって筋肉に入ってハリや固さ、ツッパリ、痛み、コリなどを起こしているのか、などを検査することから見つけ出すことが必要になります。

特に、最近、多くの方が免疫力低下から免疫に敵対するものが増えてしまって起きている肩こりが多くなっています。

検査することで体調も分かるし、肩こりの原因も見つかります。あとは原因を改善していくようにすると肩こりは徐々に楽になります。

2回目

肩こりでも体調を上げていかないと肩こりの原因の一つである骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定、背骨のズレが解消できませんから、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定、背骨のズレがあると筋肉は引っ張られたり、緊張したりしていきますから循環が悪くなるし、リンパの流れも悪くなります。これらが肩こりになることもあります。

多くなっている肩こりの原因である免疫力低下から起きる敵対勢力の増加で筋肉だけではなく骨も炎症を起こしていたり、背骨がハレて大きく変形を起こしている方もいます。生きているから骨も変形を起こしてハレます。現実には起きないことが起きているのが、今の世の中です。

これも検査することで判断できますから検査して確認して状況判断しながら肩こりを解消していきます。

3回目

体調も上がって免疫の敵対勢力も減ってきたら、体質改善で肩こりを改善する方法ができます。肩こりを体質改善で変えるときにはアンチエイジング、若返りの施術ですから、体の中から変える事ができます。

4回目、5回目・・・・

肩こりと言うと代表的な原因は、筋肉の問題、背骨の歪みの問題が多くありますが、本当は一番、多い原因は下のイラストの3つです。あとは書いていませんが脳疲労からも起こります。

筋肉のこりの理由

 

 

当院では30年間で多く方の肩こりを治療してきました。

以前は他でも使っている低周波治療器や電器を多く使っていましたが、低周波治療器などは痛みやこりを治すものはなく散らしてわからなくしているだけでなのでしなくなりました。

しかし、低周波治療器や電器などをしないとできないような肩こり解消法では意味ありませんから経験と研究することで技術力を上げていくことから最新の治療で肩こりを解消できるようにしていきます。

肩こりを楽にするためには肩こりの原因になっているものから見つける必要がありますからこの原因はいくつもあることもあります。

始めの原因は筋肉です。筋肉も血流や循環、リンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまったり、神経の炎症、神経のハレ、骨の炎症、骨のハレ、細菌やウィルスの付着と言う事もあります。

肩こりがあまりに長いと色々な肩こりを起こします。

色々な肩こりがあるわけですから、それをどうやって見つけるのかと言う事になります。この見つける方法は大変難しく簡単ではありませんが、当院では、この見つける方法の事を検査することと言っています。

病院でも病気の検査をするように、当院では肩こりの検査をしています。(病気の検査ではありませんよ)

肩こりがどうして起きているのか!!!を見つける検査です

肩こりが起きていると、どうしても何も考えもせず肩をもむと言うようなことが一般的です。

しかし、多くの治療院では、この検査ができませんし、検査して見つけることができません。

当院では、検査することで目で見てわからないものまで検査することでわかるようにしてます。

検査しないで肩こりを解消しようとしても、肩こりは良くなりませんし、先の問題に及ぶことも多くなります。

肩こりを起こしている時には原因がいくつかあります。この原因から変えていくことをしないと肩こりは良くなりません。

肩こりでもどこで何が起きているから肩こりになっているのか???????

 

肩こりを原因から改善すること
コリで来院した方

以前、5年くらい前から肩こりのある方が来られました。肩こりの治療に他の整体院で肩こりを直していたそうです。その整体院では、体をもんで、矯正台で施術して、低周波治療器をすると言うパターンと言うことだそうです。

この方の肩こりと体調を検査してみると、体調が悪く、最近まで整体院に行かれてた割には基本的なものができていません。

体調が悪いと骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。内臓の働きも落ちて調子が悪くなっています。

体調を上げていく施術、又は治療と言うのは大変、難しく簡単なものではありません。

●マッサージしても体調は上がりません。(マッサージは刺激です、刺激をすると体調は落ちていきます。)

●低周波治療器や電器をしても体調は上がりません。(電気も刺激です、刺激を加えると体調は落ちていきます。)

●ボキボキしても体調はあがりません。(手の指をボキボキすることと同じですから刺激です)

●薬を飲んでもサプリメントでも健康食品でも体調を上げることはできません。(これらは栄養ですから)

当院でも刺激は加えます、体をもんだり、筋肉をもんだりして、しかし、見えない所で、わからない部分で秘密の技術を使います。

この秘密の技術が当院の特徴です。

そして肩こりが楽になったら肩こりになっている原因から改善していくようにすることが重要な意味があります。

筋肉疲労からコリが

肩こりを感じている時には、肩の筋肉が疲れてしまっている時です。筋肉は疲れてしまうと固くなります。固くなることがコリになります。筋肉のコリになると骨が引っ張られて歪みを起こしていき肩こりになります。

①筋肉が疲れる

②筋肉が疲れると固くなる

③筋肉が固くなると骨を引っ張る

④骨が引っ張られると歪みを起こす

⑤これが肩こりになる

と言うことを言いますが違います。

どうして筋肉が疲れるのか??肩を良く使っているから??、重たいものを急に持ち上げたから??、キーボードを良く使うから??いつも同じ肩に荷物を持つから??、などなど肩こりにつながることは色々あります。

しかし、同じことをしても肩こりになる時と、そうでもない時があるのは、どうしてなのか????

ここに深い原因があります。

当院は肩こりを解消する専門家ですから、低周波治療でコリを散らしたりすることなく、まずは筋肉のコリから解消していきます。

筋肉のコリと言うのは、色々な筋肉のコリがありますから、筋肉のコリと言っても筋肉疲労から、リンパの流れの停滞から起きる老廃物の蓄積、筋肉の使い過ぎから起きる筋肉の炎症、筋肉自体が固くなることから起きる肩こり、筋肉疲労が強すぎて起きる筋肉の機能不全、内臓の疲労から起きる肩こり、筋肉だけを上げても色々な筋肉のコリがあります。

この筋肉の問題を湿布を貼るのも良いですが、また、低周波治療器や電器をするのも良いですが、マッサージするのも構いませんが、これをすると一時的に楽にする事はできるかも知れませんが、どうして、そうなったのか原因は残っています。

原因から変えていくことをしないと、また、肩こりに戻りやすくなります。

コリの原因がある

必ず、肩こりが起きる時には、原因があります。その原因は湿布を貼ることや、低周波治療器や電器では改善できません。

一時的に楽にする事よりも、原因から解消することをしないと、原因はいつもでも同じではありません。つまり、進行していくと言うことです。

湿布を貼ることや、低周波治療器や電器、マッサージと言うのもそれなりに効果があるかも知れませんが、原因から減らして解消するものではなく、一時抑えをしてコリを散らしているだけです。

肩こりがある方が、しばらく肩こりを感じなくなれば、余計に要注意しなければいけないと言う事もあります。肩こりを感じているものが慢性化してしまうと神経のマヒが起きて感じなくなってい事もあります。

筋肉のコリを感じる時には、神経でコリがあると言うことを感じますから、神経が正しく働かないと肩こりがあっても感じません。感じない時も原因は進行していきますから。

人の体は肩こりを感じる前から、少しずつ肩こりの原因が出来上がります。肩こりの原因が出来上がって、さらに原因が進行して肩こりとして時々か、いつも肩こりに悩まされていきます。

普通は、いつも肩こりを感じる方は少なく、時々、肩こりを感じる方が多いようです。その肩こりの程度(ひどさ)と広さが関係しています。

肩こりには筋肉のコリだけではなく先の問題も

多くの肩こりの場合、筋肉だけで肩こりが起きることはなく、その先の問題があります。

その先の問題があるので、低周波治療器でコリを解消しようとしないで奥の原因から改善していくことを考えないと、原因もいつまでも同じではありませんし、原因は進行していきます。

原因は筋肉でもなく歪みでもなく、もっと奥に肩こりを起こした原因があります。

肩こりの原因は

原因は個人個人、違います。一つ一つ解決していくと原因が見えてきます。その為にも、まずは筋肉のコリから解消していきます。

肩こりを楽にしようと思うなら肩こりの原因になっているものから改善していかないと繰り返し肩こりは起こります。

肩凝りというと筋肉のコリという感じが強いですが筋肉も使いすぎたり、事務の仕事やパソコン作業やスマホを扱ったり、ゲームをしたりすることで肩に力が入って酷使しています。

気がつかない間に酷使している場合が多いようです。この筋肉の酷使から肩の筋肉が疲れやストレスをためてしまって肩こりになっています。

肩こりの主な原因

当院に来院された方の感想や声をいただきましたので、参考までに




筋肉のコリは僧帽筋です
筋肉のコリは、ほとんど、この僧帽筋と言う筋肉が原因です。僧帽筋は、首から肩や背中までついている筋肉です。

だから僧帽筋が緊張すると、首までおかしくなります。僧帽筋のバランスが悪くなると、肩まで引っ張ってしまって肩が下がる場合があります。僧帽筋は3つに分ける事が出来る筋肉です。上部僧帽筋、中部僧帽筋、下部僧帽筋です。特に上部僧帽筋は首から肩の所や肩甲骨の上いっています。この上部僧帽筋が緊張した時に肩こりになります。

② 体の歪みから起きる肩こり

肩こりも体の歪みから起きる肩こりがあります。
ほとんどの場合、骨盤の歪みが原因です。

骨盤が歪みを起こすと、背骨は土台の上に立つ柱と同じなので、歪みを起こします。

③ 背骨のズレから起きる肩こり

背骨から起きる肩こりがあります。

体の歪みから肩こり
背骨がズレを起こすと、筋肉も緊張を増していきます。骨のズレで筋肉が緊張を増すと、強いコリになります。又、もっと骨のズレが大きくなると、椎間板ヘルニアになります。この時には、コリと言うよりも、痛みに近くなります。又 、肩や肩の付け根、肘、手首、指の痛みやシビレになります。そして、首の骨が真っ直ぐになるストレートネックと言うのも起こりやすくなります。

④ 筋肉が固くなって起きている肩こり

いつも肩こりなどを感じていた方は、筋肉が固くなっている場合があります。
長年、肩こりを起こしていると、筋肉自体が固くなります。

この筋肉の固さは、何をしても柔らかくならない固さです。①のように簡単には、柔らかくなりません。

と言うのは、もう老化して固くなっているからです。一度、筋肉が老化段階まで行ってしまうと、普通に何をしても良くなりません。ただ、それを良くできる施術があります。
この施術の事を体質改善 アンチエイジング(若返り)と言います。筋肉を若返らせる方法です。筋肉が若返ると、柔らかくなります。そうすると、何処に行っても良くならない肩こりが良くなる場合があります。長く、患ってた、肩こりが解消します。

⑤ 体の中から起きる肩こり

体の中から肩こりを変えると言う事もできます。
因子的に体の中から起きている肩こりであれば、中から変えるしかありません。

体の中から変えるとは、内臓から変えると言う事です。内臓と言っても病気ではありません。
内臓の疲れが原因です。しかも、内臓に疲れが、どっぷりつかっていると言う状態で起こります。
内臓に疲れがたまればたまるほど、歪みが起きやすく骨のズレも起きてしまいます。
背骨は内臓と密接に関係しています。肩甲骨の真ん中の所に関係するのは胃です。胃が荒れていると、背骨の肩甲骨の所がズレを起こしています。

セキばかり出ている方や、長く咳が出ている方は、背骨の3番目がズレを起こしています。背骨の3番目は首と肩の所から数えて3番目です。ちょうど手のひらを当てて、指が届くところが、背骨の3番目です。

時々にしろ、咳の関係は、3番目が関係しています。もちろん、3番目がズレているから悪いのではなく、内臓からきています。内臓の調子が悪いから、咳が出やすいし、背骨の3番目がズレを起こします。

だから

だから、内臓の調子を良くしていくと、咳も収まるし、肩こりも改善されていきます。ほとんどの痛みやコリは内臓から起きています。(病気ではありません)
内臓が疲れると、色々な症状に及んでいきます

内臓の調子を良くして元気になってきたら、、こんどは体質改善 アンチエイジング(若返り)の施術で、弱い所を若返らせませんか?
繰り返したり、長く悪いのは、弱い所に疲れがたまっているからです。
弱い所とは、老化している所です。老化しているから、弱くなっています。弱くなっているから疲れがたまりやすくなります。
だから強くして若返らせると言うのが、わかりますよね。この施術の事を、当院では体質改善 アンチエイジング(若返り)と言います。老化とは固くなります。


イメージで言うと、関節などが固くなりますよね。こんな感じで内臓も固くなります。
これが老化なんです。当院では、この老化現象を少しずつでも、改善していく方法があります。
これが体質改善 アンチエイジング(若返り)と言う方法です。しかし、体質改善 アンチエイジング(若返り)は初回からはできません。体の準備が必要なためです。
準備とは、若返ることに必要とされるパワーです。初回の方などは、ほとんどの方は、体調が良くありません。体を元気にしていく必要が、まず、あります。元気にしていくと、ほとんどの症状は、楽になります。

① 筋肉で肩こり

肩こりを感じるのも筋肉で感じます。この筋肉が炎症を起こしていたり、又は緊張したり、筋肉の収縮が起きたりすると肩こりになります。コリとは、どういうものか、お分かりですか??

コリは筋肉の緊張です。緊張だから固くもなります。でも、この筋肉の緊張から起きる固さは肩を回したりすると、少し楽になります。根本的には、筋肉が緊張を起こすと、循環が悪くなります。
循環が悪くなると、老廃物がたまります。
老廃物がたまりだすと、普段と違うので、リンパの働きが悪くなりますリンパの吸収ができにくくなります。血流も悪くなります。余計に筋肉が緊張して固くなります。


筋肉のコリは、ほとんど、この僧帽筋と言う筋肉が原因です。僧帽筋は、首から肩や背中までついている筋肉です。
だから僧帽筋が緊張すると、首までおかしくなります。僧帽筋のバランスが悪くなると、肩まで引っ張ってしまって肩が下がる場合があります。僧帽筋は3つに分ける事が出来る筋肉です。上部僧帽筋、中部僧帽筋、下部僧帽筋です。特に上部僧帽筋は首から肩の所や肩甲骨の上いっています。
この上部僧帽筋が緊張した時に肩こりになります。

②体の歪みから起きる肩のコリ

肩こりも体の歪みから起きる肩こりがあります。
ほとんどの場合、骨盤の歪みが原因です。

骨盤が歪みを起こすと、背骨は土台の上に立つ柱と同じなので、歪みを起こします。

③ 背骨のズレから起きる肩こり

背骨から起きる肩こりがあります。

背骨がズレを起こすと、筋肉も緊張を増していきます。骨のズレで筋肉が緊張を増すと、強いコリになります。
又、もっと骨のズレが大きくなると、椎間板ヘルニアになります。この時には、コリと言うよりも、痛みに近くなります。又 、肩や肩の付け根、肘、手首、指の痛みやシビレになります。そして、首の骨が真っ直ぐになるストレートネックと言うのも起こりやすくなります。

④ 筋肉が固くなって起きている肩こり

いつも肩こりなどを感じていた方は、筋肉が固くなっている場合があります。
長年、肩こりを起こしていると、筋肉自体が固くなります。

この筋肉の固さは、何をしても柔らかくならない固さです。①のように簡単には、柔らかくなりません。
と言うのは、もう老化して固くなっているからです。一度、筋肉が老化段階まで行ってしまうと、普通に何をしても良くなりません。
ただ、それを良くできる施術があります。この施術の事を体質改善 アンチエイジング(若返り)と言います。
筋肉を若返らせる方法です。筋肉が若返ると、柔らかくなります。そうすると、何処に行っても良くならない肩こりが良くなる場合があります。長く、患ってた、肩こりが解消します。

⑤体の中から起きる肩のコリ

体の中から肩こりを変えると言う事もできます。
因子的に体の中から起きている肩こりであれば、中から変えるしかありません。

体の中から変えるとは、内臓から変えると言う事です。
内臓と言っても病気ではありません。内臓の疲れが原因です。しかも、内臓に疲れが、どっぷりつかっていると言う状態で起こります。内臓に疲れがたまればたまるほど、歪みが起きやすく骨のズレも起きてしまいます。

背骨は、内臓と密接に関係しています。
肩甲骨の真ん中の所に関係するのは胃です。
胃が荒れていると、背骨の肩甲骨の所がズレを起こしています。

セキばかり出ている方や、長く咳が出ている方は、背骨の3番目がズレを起こしています。
背骨の3番目は首と肩の所から数えて3番目です。ちょうど手のひらを当てて、指が届くところが、背骨の3番目です。
時々にしろ、咳の関係は、3番目が関係しています。もちろん、3番目がズレているから悪いのではなく、内臓からきています。
内臓の調子が悪いから、咳が出やすいし、背骨の3番目がズレを起こします。


だから、内臓の調子を良くしていくと、咳も収まるし、肩こりも改善されていきます。ほとんどの痛みやコリは内臓から起きています。(病気ではありません)内臓が疲れると、色々な症状に及んでいきます。


内臓の調子を良くして元気になってきたら、、こんどは体質改善 アンチエイジング(若返り)の施術で、弱い所を若返らせませんか?

肩のコリ

ほとんどの肩こりは、筋肉のコリよりも、内臓に疲れやストレスがたまって肩こりになっています。筋肉のコリと言うのは、普通は、一時的なコリが多く、連続してコリを起こすことはありません。もし起こしていればかなり、筋肉に疲労をためた方です。筋肉も疲労をためてしまうと疲れてしまって筋肉疲労になります。筋肉疲労から筋肉がコリを起こすことは考えられますが。

肩こりと言うと筋肉のコリの事だと思いがちですが、筋肉だけで起きていることはありません。
もし、筋肉だけで起きている期間が長いと、筋肉は固くなっていきます。筋肉が固くなると、リンパの流れが悪くなって老廃物がいっぱいたまります。老廃物がたまると、血行が悪くなりますので、余計に肩こりになります。しかも、肩こりが強い時には体調も落ちて悪くなっていますので気分まで悪くなる方や頭痛、吐き気、首の痛み、首のコリなどを感じる方もいます。

肩がコルとは

肩がコルと言うのは、何も原因ないのに肩こりが起こることはありません。何かの原因で肩こりになっていますので、この原因を見つけていく事が大切になります。肩こりと言うと筋肉のコリの事ですが筋肉だけで肩こりが起きる事はありますが、筋肉だけで肩こりが起きるのは少ないようです。

筋肉のコリ

筋肉のコリで肩こりが起きるのは、主に僧帽筋と言う筋肉で肩こりになることを言います。この僧帽筋と言う筋肉がコリを起こすと肩こりになります。僧帽筋がコリを起こすとリンパの流れも悪くなって老廃物が多くたまっていきます。この老廃物は筋肉のコリが起きていると流れが悪くたまるばかりです。

リンパの流れを良くするためにはリンパを流すよりも体調を上げて循環を良くすることです。いくらリンパの流れだけをよくしても、体調が上がらない限り同じことになります。リンパの流れを一時的に良くしても、又。たまりやすくなります。これは理由があります。理由は体調が良くなることが循環を良くすることができるからです。循環が良くなると流れが出来ていきます。この流れが老廃物を流してくれるからです。

体調とは

体調と言うのは、基本がありません。どういう状態が体調が良いと言うのか、自分で判断するしかありませんが、自分でも判断できないのが体調です、と言うのは、最近、多くの方が感覚神経のマヒ状態だからです。感覚神経のマヒが起きるのは原因があります。この原因の為に痛みやコリを感じにくい方が増えているからです。体調と言うのは体調が悪くなると言う事に代表されますが、疲れやストレスが多く蓄積した状態の事を言います。

疲れやストレスが

疲れやストレスが多くたまると、歪みが起きています。歪みが起きてば痛みやコリも起きるのが普通です。しかし、感覚神経のマヒが起きていると痛みやコリを感じません。

痛みやコリが起きている状態を感じる事ができません。つまり、自分の状態がわからなくなっています。自分の状態がわからないと、重大な要素を含んでいます。これは脳の問題が関係しているときに起きるからです。脳がマヒして痛みやコリを感じなくなっていると言う事になるからです。そうするとどうなるのかと言う事ですが・・・・・。

体質改善
体質改善

肩こりを体質改善で施術することをお勧めしています。それには理由があるからです。その理由とは、筋肉を揉んでも、背骨の矯正をしても原因は残っているからです。この原因となるものは内臓の弱さです。弱さと言うのは一時的なものではなく永久的な弱さです。

つまり

老化です。ある内臓が老化して弱くなっているから繰り返しやすくなります。老化している所は弱いからです。この部分を強くしていくのが体質改善と言う施術です。

戻りが多いのは、体調から上げて施術していないからです。そして安定しないのは体質から施術することができないからです。しばらく肩こりが良くても、老化の進行は余計に早くなっています。

肩こりの施術を受けに来られてアンケートに答えてくれた方の声です。



北九州市小倉南区の60代の女性の方

肩こりが強い時には、首のコリも強く頭痛まで起きていました。ここで、数回、肩こりの施術を受けていくと、だんだんとだけど、肩こりが起きない日が増えてきています。今までは湿布したりマッサージに行ったりしていたんですが、ここは今までとは違うみたいですね

北九州市小倉南区の20代の女性の方

中学生の頃から肩こりがひどくて、いつも親に肩をもんでもらっていました。マッサージや整体にもいきました。でも肩こりが起きならなくて、友達に聞いたら、ここを教えてもらいました。それで、先生に肩こりの原因を見てもらうと、眠りからくる肩こりと言う事を聞いて正直驚きましたが。納得しました。夜も友達とラインをして寝ている時間が少ないよう生活になっているからです。少し反省して肩こりを良くしたいので、ここの先生の施術とできるだけ早く寝ます

行橋市の30代の女性の方

仕事で細かいことをするのが多く肩こりで悩んでいました。1回目から肩こりが楽になったので、しばらく通います。



直方市から60代の女性



どこに行っても肩こりが楽になりませんでした。電器や機械をしてみましたが、肩こりが楽になりません。ここで肩こりを楽にできたらいいなと思います。


肩のコリと言うのは

肩がコルと言うのは原因があって起きていますので、この原因を解消することをしていくと楽になりますが、もっと奥深い所に更なる原因があります。

この更なる原因と言うのが

この更なる原因と言うのが、根本的には内臓になります。内臓に疲れやストレスがたまることで体の歪み、背骨のズレ、骨盤の歪み、筋肉のコリや緊張、リンパの流れの停滞、血流の停滞、老廃物の蓄積、内臓のハレ、内臓の炎症などが肩こりの方は起きています。



肩がコル

肩がコルと言うだけでこれだけでのことが体内で起きています。肩こりが起きているときには、このすべてが関係しています。関係しないものはありません。関係している程度の差があるだけです。

肩こりは

肩こりになるときには、体に多くの疲れやストレスがたまっています。この蓄積の多くが内臓にたまって抜けなくなります。これが筋肉の疲労を起こして、リンパの流れを停滞させ、背骨の椎間板の中に気泡を作って背骨のズレになり、筋肉やじん帯のバランスまで悪くして肩こりになっています。

当院は肩こりの専門家で肩こりの原因から改善・解消していくことをしています。病院の外来でも肩こりは楽になることはありません。猫背も肩こりの一因になることもありますが、猫背だからと言って肩こりになることはありません。そして首の痛み、首のコリから起きるものではなく、別物があるということがあります。

当院の肩こり解消法は検索でも評判の良いことで有名な北九州 肩こり、北九州市 肩こり、小倉南区 肩こり、小倉北区 肩こり、八幡東区 肩こり、八幡西区 肩こり、戸畑区 肩こり、門司区 肩こり、若松区 肩こり、行橋市 肩こりなどの検索キーワードでも上位に表示されています。

 

ウィキペディアの肩こり

コトバンクの肩こり

yahooヘルスケアの肩こり