腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛の原因から治療することをしています。腰痛には原因があります北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
腰痛を解消

腰痛を楽にしていく為

当院では30年以上の腰痛の治療の経験があります。腰痛を楽にしていく治療をしていますが当院では検査することで楽にしたら腰痛の原因を見つけることもしています。

腰痛になる時には必ず腰痛の原因が潜んでいます。腰痛の原因は普通は見ても分かりませんから、潜んでいると言いました。

潜んでいる原因がわからないから、湿布を貼ったりすることでも腰痛は楽になることもありますが、原因は残ったままになっています。

腰痛、腰の痛み、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛も原因があるから、いつでも誰でも起きても特殊なものではありません。

誰でも原因があるかぎりは腰痛は切っ掛けで起こります。

切っ掛けと言うのは、重いものを持ったりすることに代表されます。重いものを持ったから腰が痛くなったと良く言われますが、その前にあることが起きていないと同じことをしてもなりません。

腰痛を繰り返したりする方は、初めて腰痛になった方も同じことが起きています。

しかし腰痛というのは急激な痛みや強い痛みは湿布を貼っても楽になることもありますが、原因が残ったままです。

対症療法

腰痛というのは急激な痛みや強い痛みは、病院で注射を打っても楽になることもあります。ブロック注射を打っても楽になることはあります。

腰痛というのは急激な痛みや強い痛みは、サプリメントを飲んでも楽になることはあります。

腰痛というのは急激な痛みや強い痛みは、マッサージをしても筋肉がほぐれて楽になることもあります。

腰痛というのは急激な痛みや強い痛みは、ハリを打っても楽になることもあります。

腰痛というのは急激な痛みや強い痛みは、お灸をしても楽になることもあります。

腰痛というのは急激な痛みや強い痛みは、指圧をしても楽になることもあります。

腰痛というのは急激な痛みや強い痛みは、低周波治療器や電器をしても楽になることもあります。

腰痛を楽にする為には色々な治療法がありますが、シップ貼る、マッサージ、指圧、ハリ、サプリメント、低周波治療器や電器などの治療法は原因を、見つけることなく治療するという事をしています。

普通は原因を、みつけていかなければ治療とは言えません。

しかし腰痛はレントゲンを撮影しても原因はわからないことが多くあります。

レントゲンは骨折とか骨のヒビとか肺の炎症とか、病気を見つける機械です。

腰痛は病名であって病気ではありません。

病気ではないのに病気の機械を使うことは意味が違います。

腰痛というのは

腰痛と言うのは起きる原因があります。

腰痛というのはあることが起きているのが原因です。

あることとは日常にある、生活する上で避けることができないものです。

日常茶飯的に多くなるものとは、生活するうえでも多くなるし、仕事する時も多くなりますし、精神的な抑圧でも多くなります。

あとは増えたものが減ることが少なくなっているのが問題なんです。少なくなっていくとは回復する事なんですが、これができていない方が増えているのが現状です。

増えるあるものとは、疲れやストレスです。

減らすことができるのは、眠りです。

回復する力がダウン

最近は多くの方が腰痛の治療に訪れていますが、疲れやストレスを減らすことができるのは眠りにあります。

眠れていると思う方も、眠れていません。

眠りと言うのは脳から寝て脳が休養を取ることです。

誰が見ても寝ているだけど、寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

寝ながら考え事をしている睡眠をしている本人は寝ています。

グーグー寝ています。しかし脳の中はどうなっているのか、わかりませんよね。

本人も目が覚める前の夢しか記憶に残りません。目が覚めた時に夢を見ていたと言う記憶は目が覚める前のものです。

夢の世界にどっぷり入っている方ほど記憶が鮮やかで、どんな夢を見ていたことがおぼえています。

寝ている時間、すべてに夢をみることはありません。夢は脳の中で意識があり寝ていないことです。

しかし、さらに悪い睡眠が寝ながら考え事をしている睡眠です。この寝ながら考え事をしている睡眠は妄想に近い睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠は日増しに体を弱らせていき脳や脳幹が疲弊していきます。

この時に腰痛になりやすくなることが多くなっています。

腰痛とは

腰痛というのはある部分に疲れやストレスが蓄積することが原因です。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。あとは内臓です。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。ですから検査して陽性が出た方は内臓の病気になっていますが、病気として完成したものが検査するとわかります。

しかし腰痛の方は予備軍であって、いますぐに病気という訳ではありません。

病気になる時も健康な細胞から、病気の細胞に1年や3年でなることはありません。

細胞の変化が行われながら8年、10年、15年かけながら細胞の変化が進行していきながら時々、腰痛になっていきます。

弱い内臓に疲れやストレスは蓄積しやすく、細胞の変化が起きていきます。

もし腰痛に関係する原因が弱くない方は腰痛にはなりません。

腰痛になる、腰痛を起こす原因があるから、腰痛になります。

当院では腰痛の原因を解消することをしていきます。

普通の腰痛であれば1回目から楽になっていきます。

しかし楽になったら終わりではありません。そこから治療を始めて行きます。

腰痛とは

 

 

当院では腰痛を楽にしたら北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから多くに方が来院するので原因を解消することから治療していきます。

2018年03月12日