更年期障害

更年期障害を解消するには

更年期障害

更年期障害と言うのは女性に多く起きていることだと思われていました。しかし男性でも更年期障害になると最近では言われています。

更年期障害と言うのは自律神経失調症とホルモン系が強く関係して起きているものです。

更年期の50代に近づくと加齢によるホルモン系の低下があり主には卵巣ホルモンのエストロゲンの分泌が減ることで脳の視床下部の自律神経中枢に影響が出てしまって自律神経失調症を引き起こし、さらに精神面やホルモン系の問題からなる病気が更年期障害です。

自律神経失調症と更年期障害の違いは年齢だけです。閉経前後だと言われていますから50代前後の方がなる確率が高くありますが、40代の方も30代の方60代の方も起こるのが更年期障害です。

更年期障害は卵巣機能が変動している時に起こります。

卵巣機能が安定したり落ち着くと更年期障害は起こらなくなります。

と一般的には言われますが、これは机上の空論です。

実際に更年期障害を治療している現場から見ると、すべてに関係しているものがあります。

それは

体調です。

体調と言うのは計測する機械もありません、自分で感じるか、見た目で見てグターとしていない限り体調が関係しているとは思えません。

何かの症状が起きていれば体調は落ちています。

風邪を引いていれば体調は落ちています。

インフルエンザになったら体調は落ちていきます。

色々な痛みやコリがあれば体調は落ちています。

腰痛があれば体調は落ちています。

肩こりがあれば体調は落ちています。

頭痛があれば体調は落ちています。

膝の痛みがあれば体調も落ちています。

ギックリ腰、寝違えが起きる時には体調を落としています。

花粉症がある時には体調が落ちています。

必ず何かが起きる時には体調が関係しています。

更年期障害の方も体調が少し良い時には更年期障害は軽く感じます。

体調が落ちると更年期障害は悪化してひどくなります。

更年期障害の方も良い時もあれば、悪い時もあります。これが体調に関係しています。

体調も上がったり下がったりしています。バイオリズムと同じように上下しています。

体調が落ちると

体調が落ちていくとホルモン系は正常から遠ざかっていきます。

体調が落ちれば脳下垂体の働きも低下してホルモンバランスが悪くなります。

体調が落ちれば脳機能も低下していきますから精神面が悪くなります。

体調が落ちているから内臓の働きも悪くなります。

体調が悪いから眠れません。

体調が悪くなると脳の元気度が減ります。

体調が悪くなると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起こります。

しかし体調を検査できる機会も方法もありません。

体調と言うのは疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスが更年期障害を

体に多くの疲れやストレスがたまるとホルモン系、脳の機能、内臓機能が落ちていきます。

眠りも次第に浅くなります。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから更年期障害ならカイロプラクティック徳力整体院。

2018年02月03日