腰痛

腰痛、腰の痛みを楽にしていくためには骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを矯正する必要があります.。
しかし骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレを矯正して整えて行かなくても湿布を貼ったりすることでも楽になることもありますしドラッグストアなどで売っているサプリメントや腰痛に効果があるという健康食品を飲んでも楽になることもありますしマッサージをしたりすることでも楽にすることは出来ますし低周波治療器や電気などをかけても楽になることはありますから何も骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを矯正しなくても色々な方法で楽にすることはできます。

骨盤の歪み・背骨のズレから腰痛に

痛みを楽にすることと腰痛を直していくこと

しかし楽にすることはできても骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレは残ったままになっていますので繰り返しやすく戻りやすく悪化させやすくなっていきます。

慢性化状態を招いたりすることも多くありますので慢性化状態になってしまうと上記のような治療法をしても治らないということがあります。
骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレで起きる時には原因があって起きていますので原因から見つけ出して改善していかなければいけませんが単純に骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを矯正すればいいというわけではありません。

整体やカイロプラクティックで行うボキボキするような方法で矯正をしてもどうして骨盤の歪みは骨盤の開きが起きたのかということはわかっていませんし原因を改善することもなく単純に骨盤の矯正や背骨の矯正をしているだけです。

骨盤の歪み・背骨のズレ

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレも何も原因がなくて起きることはありません。

どうして骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きたのかという原因があるということです。
骨盤のトラブルというのは姿勢で起きることもありませんので横座りで起きたりすることもなく足を組んだりすることで骨盤が歪んだり開いたりすることはありません。
体の奥底に潜んだものが関係して起きています。

腰痛や腰の痛みが起きる時には毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張などに加えられることで生み出されていくものが体に蓄積したのが原因です。
体に蓄積していくものというのは疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスが溜まっていない方はいませんので腰の痛みになっていないだけで全員骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがありますが程度と言うか段階があります。

骨盤の歪みが大きく起きた時もあれば軽い時もあるからです。
いつも変化しているのが歪みやズレです。
どうして変化するのかと言うと疲れやストレスの蓄積度合いが違うからです。

疲れやストレスというのは何をしても満たされていきますし何もしなくても生み出されて多く体に溜まっていきます。
疲れやストレスが溜まるところというのは体に溜まるということは分かっていると思いますが体のどこに溜まっていくのかということを考えている方もいませんし専門家の先生も知らない場合が多くあります。
疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので人の体には弱い部分とそうでもない部分が存在しています。

疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・背骨のズレに

強いというわけではありませんがそうでもない部分は痛みに関係することもなく先将来の病気につながることもありません。

しかし弱い部分というのは疲れやストレスを貯めやすくなっていきますので疲れやストレスを溜めてしまうと細胞の変化が起きて先将来の問題に繋がりやすくなります。
疲れやストレスというのは弱い部分にたまりますので弱い部分が筋肉や靭帯の場合もありますし関節の場合もあります。

色々な部分に溜まるのが疲れやすくですから疲れやストレスがたまらないところはありません。
体のあらゆる部分に溜まっていくのが疲れやストレスです。
体の弱い部分にたまると説明したように体に何があるのかということを説明すると神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

たまる疲れやストレス

筋肉にも疲れやストレスが溜まるということは分かっていると思いますが筋肉以外で疲れやストレスを置くためてしまうところがありますし筋肉よりも何十倍も多くの疲れやストレスがたまるところがあります。

筋肉よりも何十倍も疲れやストレスを貯めやすくなるところというのは内臓なんですが内蔵というと病気というのは関係築けてしまいますが病気と言ってるわけではなく内臓に溜まっていく疲れやストレスが骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを起こしていきます。

毎日毎日生活すること屋運動することや仕事をすることで溜まった疲れやストレスを減らすことはしませんし、そのまま放置状態の方が多くいます。

疲れやストレスが弱い部分に貯まれば貯まるほど体の歪みに起きるのは当然です。
疲れやストレスが多く貯まれば貯まるほど内臓は病気というわけではなく内臓も弱っていきますので弱った状態が骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレを起こしていきます。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きた時に重たいものを持ったりすると体を支えることができませんのでバランスが崩れた状態になってしまっています。

骨盤の歪み・背骨のズレと背骨のズレ

何をするときも 何もしなくても骨盤の歪みや骨盤の開きがあると体を支えることができませんので支えることができない姿勢をすると急激に痛みになってしまいます。

毎日毎日の仕事や運動することや精神的なプレッシャーを加えられることや睡眠負債状態でも骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて背骨がズレていきます。
最近は多くの方が気がついていないくらい多くなっていますが不眠症というよりも睡眠負債の方が多くなっています。
普通一般的に多くの方は勘違いしている場合が多くありますが不眠症と睡眠負債というのは違います。
不眠症というのは寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするのが不眠症ですし夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症です。
不眠症とは違って睡眠負債というのは夜、寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めることがありません。
普通でしたら最高に眠りをしているような感じに思えてしまいますが実は眠りが一番、浅いのが睡眠負債なんです。

睡眠負債と不眠症

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えられています。

しかし目が覚めた瞬間に忘れてしまうのが寝ながら考え事をしている睡眠なんです。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは一番浅い睡眠でもありますので夢よりも浅い睡眠です。

例えば6時間睡眠時間がある方が寝付くまでの時間が5分目が覚める時間が5分夢を見ている時間が5分だとすると、あと残った5時間45分の時間が寝ながら考え事をしている時間になっている場合があります。
5時間45分れながら考え事をしてる時間があって目が覚める瞬間に夢を見ているから夢だけ記憶に残り残ります。

夢は目が覚める前に見る

そして夢を見ている方が寝ながら考え事をしている時間よりも深い睡眠になりますので深い睡眠をしたような感じになってしまいますが実は大脳が休養とって寝ていること、つまり熟睡状態でになっているわけではありませんので眠れていませんということです。
眠りというのは大脳が休養とって熟睡状態がどれくらいできているのかということにつきます。

大脳がどれくらい休養を取れるかということで熟睡状態が違うわけです。
眠りというのは深い睡眠と浅い睡眠がありますので寝ながら考え事をして睡眠も浅い睡眠ですし夢も浅い睡眠になります。

浅い睡眠ばかりすると大脳が熟睡状態ができていないということなんです。

本当に多くの方が目が覚める瞬間に夢を見ているからねたような感じになっていると思いますが実は眠りが浅い寝ながら考え事をする時間が圧倒的に長くなっていますので体調がすごく悪い方が多くいます。

不眠症と睡眠負債と腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど
2018年11月29日