腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

腰痛を楽にしようと思うなら腰痛の原因を見つけ出さなければ楽にすることばかりしているとこじらせたり悪化させたり進行させたりすることが多くあります.。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛と言うと多くの治療法が楽にすることばかり中心にしていますので腰痛を感じた時には楽にする治療と楽になったらそこから改善していく治療の二つに分かれます。
腰痛と言うとどういう治療法が行われているのかと言うと湿布を貼ったりすることも腰痛の

代表的な治療法の一つですし病院に行って注射を打ったりブロック注射を打ったりすることでも腰痛を楽にすることができる可能性もありますしマッサージをしても腰痛が楽になっていくということもありますし鍼を打ったりお灸をしたり指圧をしたりすることでも腰痛を楽にすることはできますし低周波治療器などをしても腰痛を楽にすることは出来ると思います。

対症療法ばかりしていると

しかしこれらの治療法というのは対症療法という治療法なので楽にすることを中心にしていますが普通一般的に楽になったら治ったと思うでしょうが実は違うんです。
楽にすることは楽にすることであり直すということは直すということです。
腰痛や腰の痛みと言うと痛みさえ解消してしまえば治ったと思うでしょうが実は違うということです。

腰痛や腰の痛みを消失させても原因が残ったままになっています。
原因が残ったままになっていると腰の痛みを感じていない時でも徐々に悪化させて行ったり進行していくということが水面下で起きていきます。

水面下で起きている原因のトラブルというのはなくなることはありませんので、またそして止まるということはありませんのでいつまでも進行状態ということです。
腰痛や腰の痛みがある方は必ず考えなければいけない問題がありますが考えなければいけない問題というのはどうして腰痛が起きたり腰の痛みが起きたりするのかということを考えなければいけません。

切っ掛けと腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

患者さんにどうして腰が痛くなったんですかと聞くと、ほとんどの方は切っ掛けの答えてしまいます。

どうして腰が痛くなったのかということを聞きたいのに腰を起こしたきっかけを答えてしまうということですからきっかけというのは重たいものを持ったり前かがみで何かを取ろうとした時に腰が痛くなったり車の運転をして長時間座っているだけで腰が疼きを起こしたりくしゃみをしただけで腰が痛くなったり布団に寝て朝起きたら腰が痛いとかデスクワークですわりっぱなしだから腰が痛いとか仕事で立ちっぱなしだから腰が痛くなるとかということが切っ掛けになります。

腰痛や腰の痛みを起こしやすい方はあるものが重なって起きていますので切っ掛けだけで起きるということはありませんから二つの要因が重なった時に腰の痛みになります。
二つの要因というのは説明をしてきた切っ掛けが一つです。
もうひとつの要因というのは骨盤の問題にあります。
では骨盤がどうなっているのかと言うと骨盤の歪みや骨盤の開きが必ず起きていますが程度が軽いと痛みとして感じることはありません。

骨盤の歪み・背骨のズレ

骨盤の歪みや骨盤の開きというのは誰でも起きているものなので逆に考えても骨盤の歪みや骨盤の開きが全くないという方はいませんが腰の痛みとして起きていないということもあります 。
骨盤の歪みが上部で骨盤の歪みが起きていると腰痛になったりしますが下の方の下部で起きていると生理痛や生理不順や膀胱炎や尿漏れとして起きてしまいます。

腰痛が起きる時には骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている時なんですが骨盤の歪み屋骨盤の開きが起きていると体を支えることができませんので特に体を支えている仙腸関節という骨盤の関節に軋轢が生じてしまいます。

骨盤というのは上の上肢としたの下肢をつなげている部分ですからテコの原理から考えても負担が大きくあります。
骨盤というのは上の体と下の足をつなげている部分ですから前かがみになっただけでも負担が大きいということです。

疲れやストレスの蓄積が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどに

切っ掛けで腰痛になる

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている時に前かがみになることでも骨盤にはすごい重圧がかかってしまいます。
ましてや骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている時に座って何かの仕事をして立とうとした時に徐々に骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっていきますので大きくなった時に急に立とうとしたりすると腰が痛くなるということです。

骨盤の歪みは、骨盤の開きがあるから柔らかい布団に寝て朝起きたら腰が痛いということは普通一般的に起きやすい現象ですから布団の沈み方の状態に応じて骨盤の歪みや骨盤の開きが拡大していく傾向があると朝から腰が痛くなります。
腰痛や腰の痛みがある方の場合、必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起こっています。

骨盤の歪み・背骨のズレ

しかし最近は骨盤の歪み骨盤の開き背骨のズレだけではありません。
普通一般的には骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレで腰痛は起きていますが歪みやズレというのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで満たされていくものが体に蓄積したのが原因です。
体に蓄積して何をしても何もしなくても生み出されてしまうのが疲れやストレスです。
疲れやストレスというのは体に溜まるということは分かっていると思いますがだるいとかきついとかいう時にしか考えていませんので痛みやこりとして考えている方は一般の方も専門家の方も少ないと思います。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

腰痛は腰の痛みを感じて行く時には徐々に体に多くの疲れやストレスが蓄積していく現象で骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。
疲れやストレスというのは仕事をしたりすることでも多くなりますのでデスクワークやはたちっぱなしや体を動かしたりすることでも多くの疲れやストレスが生み出されてしまいます。
普通一般的に生活している時でも料理を作ったり買い物をしたり歩いたりすることでも多くの疲れやストレスは多くなりますし掃除をすることでも多くの疲れやストレスが生み出されていきます。
運動するというのは筋肉を鍛えることにはなりますが筋肉を鍛える代償として多くの疲れやストレスが蓄積していきます。

家でごろごろだらだらしていても余計に体は疲れていきます。
腰痛は腰の痛みを訴える方に何もしていないけど腰痛が起きてしまったという方までいますので何もしていないということはないと思いますから特別なことはしていないということの意味だと思います。

疲れやストレスの蓄積

何もしなくても疲れやストレスは多くなってしまいます。
唯一疲れやストレスを減らすことができるのは寝ている時だけですが最近、多くの方が不眠症というよりも睡眠負債状態になっています。

不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったりするのが不眠症で寿司夜中に何回も目を覚めてしまうのが不眠症です。
夢を多く見たりすることも不眠症の一つでもあります。
しかし睡眠負債というのは違います。

睡眠負債というのは目が覚めることはありませんけど目が覚めない限り寝ていると思うでしょうが眠りが一番浅い睡眠が睡眠負債状態ですけど目が覚めた瞬間に睡眠負債状態になっているということもわからなくなってしまいます。

睡眠負債と不眠症の違い

夜寝ようとすると朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいます。
寝ている本人にとって目が覚める瞬間に少し寝ているから寝ていると思うでしょうが実はその前の睡眠がすごく浅い睡眠になっている状態が長くあります。

人というのは目が覚める瞬間に夢を見ているから記憶に残り覚えていますが目が覚める瞬間に少しだけ睡眠に陥ることができれば寝ていると勘違いしていますが6時間睡眠のある方が夢を見る時間を5分としたら目が覚める瞬間に落ちている眠りのことを1分ぐらいになっています。

後の5時間54分の時間が睡眠負債状態になっていますが目が覚める瞬間に睡眠をしている時間が少しだけありますので自分でも寝ているのかわからなくなります。
睡眠負債状態の方は夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないという状態で寝ているわけですけど眠りというのは体が寝ていることではなく大脳が寝ている現象のことをね無理と言います 。
大脳が休養とって寝ていることを眠りと言いますので表面上寝ている方を見ても寝ていると思うのは格好や姿勢だけや寝息だけで判断しています。

見た目でわからない眠り

誰が見てもスースー寝息を立てていれば寝ていると思うでしょうが実際には夢を見たりしている場合もあるということですし最悪の睡眠で睡眠負債の特徴という睡眠は寝ながら考え事をしている睡眠なんですが寝ながら考え事をしている睡眠というのは一番、浅い最悪な睡眠になります。

寝ながら考え事をしている睡眠負債状態は目が覚めた瞬間に忘れてしまいますので眠れていないことが分からない方が多くなっていますので分からない人ほど奈落の底のような体調をしていたりどん底のような体調をしている場合が多くありますが睡眠負債状態というのは単純にそれだけではすみません。

大脳を急激に弱らせていきますので大脳が弱ったりすると循環が悪くなったり老廃物が多くたまるということは当然、起こりますが脳細胞の急激な減少を招いていきます。

脳細胞の急激な減少が進行していくと年齢以上に進んだものが徐々に大きくかけ離れていき脳細胞がさらに急激に減少していくと認知症や痴ほうなどに進行したり精神疾患になったりすることもあるということです。
精神疾患状態の第一歩というのがイライラしやすくなったりパニくることが多くなったりすることが特徴だと思います。

イライラしたり頭痛、頭の痛み、偏頭痛になる

初期の場合人はそれを簡単に考えてしまいますのでいつもいつもイライラしてる方はいませんし、いつもいつもパニクっている方はいません。
時々急にイライラしたりすることが出たり何かが起こったらパニクったりすることがありますので脳細胞の急激な減少から起きる問題なんです。

人というのはかなり甘い考えを持っていますので脳細胞が減ると考えてもまた脳細胞が急激に減少していると言っても何も考えていませんからそれはどういうことだろうということを考えなければいけません。

腰痛や腰の痛みを訴える方は眠りが浅い場合が多くあります。
腰痛や肩こり以外の方も色々な症状というのは眠りが浅いことから始まっている場合が多いようです。

腰痛や腰の痛みを訴えている方が 来院すると検査をしてみますが検査をしてみると奈落の底ののような体調している方が多くいますので簡単に上がる問題ではありませんが腰痛や腰の痛みを訴えてきていますので楽にすることを中心にしていますが大脳が弱っていると回復することができないぐらい時間がかかる場合が多くあります。

大脳が弱ったほど簡単に考えていますのでただ痛みがあるとか、腰が痛いとかいう感じできていますが大変なことが起きている場合が多くありますので骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きて椎間板ヘルニアまで起きている場合が多いようですけど胎嚢が弱ってしまうと回復する力がないということです。

睡眠負債と眠りと腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど
2018年10月15日