骨盤矯正

当院では人気がある骨盤が小さくなる骨盤矯正をしていますので初回から骨盤が小さくなっていくことで評判が良く女性の方に多く受けられています。
骨盤矯正をしていく時には院長のての記述だけで骨盤を小さくすることをしていますので痛くもなく怖くもなく骨盤矯正を受けてもらうことができます。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をして行く時には電気が機械を使うこともありませんのでボキボキしたりすることもなく骨盤を無理やり押さえつけたりすることもしていません。
ではどうやって骨盤を小さくしていくのかということを説明していきたいと思います。
当院では骨盤矯正で骨盤を小さくしていくときには院長がマッサージをするような感じで骨盤を小さくすることををしていますしマッサージをするような感じでもマッサージとは違います。

マッサージというのは筋肉に対してほぐしたりもんだりしていくことをしています。
しかし骨盤矯正というのは筋肉に対してマッサージをしても筋肉が凝っていたり緊張していたりすればほぐれていくでしょうが、そういう状態では骨盤が小さくなることはありません。

しかし骨盤矯正を受けている方も思うでしょうが本当にマッサージをしているような感じで揉んでいるだけで骨盤が徐々に小さくなっていきますので不思議な骨盤矯正だと思われています。

しかし骨盤矯正を行っている院長本人はしっかりと検査することをしていますので検査をして骨盤が小さくなる部分を見つけ出しマッサージするような感じで骨盤を小さくすることができます。

骨盤矯正を行う時には骨盤というのは何をすればどうすれば骨盤を小さくすることができるのかという問題がありますが単純に骨盤矯正で骨盤を小さくすれば良い小さくしてもらいたいだけでは意味ありません。

骨盤矯正をする時には当然として骨盤の歪みや骨盤の開きを調整することはもちろん何ですが骨盤の歪みや骨盤の開きを調整することで骨盤は確かに小さくなっていきますが単純にそれだけでは持続力と維持する力はありません。
その理由として骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている原因が存在しているからです。

骨盤矯正で骨盤を小さく

骨盤の歪みは骨盤の開きが起きている原因というのは足を組んで座っていたり横座りをしたりすることが原因ではありませんので姿勢や猫背で起きることはありません。
骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてしまうことは骨盤周辺にむくみが脂肪が多くなっていきます。
どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのかという原因がありますので骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正すれば骨盤が小さくなるのかということが問題視されます。

体に起きてしまう色々な歪みやひらきやズレというのはどこから起きるのかという問題が一番の関心事だと思います。
それは毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することで多くなってしまうものが原因です。

毎日毎日生活で仕事をすることで運動することでも多くなっていくものは疲れやストレスなんですが 疲れやストレスは体に溜まるということは何となく分かっていると思いますが体のどこにたまるのかということが骨盤矯正をしていくときの邪魔になるものです。

骨盤矯正をしていくときに一番邪魔になるもの少なければ少ないほど効果が上がりやすいものというのは疲れやストレスです。
疲れやストレスというのは体に溜まっていきますが体のどこにたまるのかということなんですが例えば体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65 kg もの水分が出てきます。

水分と言っても単純な水というわけではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったりという水分になりますので水分に疲れやストレスがたまるということはありません。
では後残った35 kg の中に疲れやストレスが溜まり骨盤矯正をする時に邪魔になるものが蓄積しているということですから35 k の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。

この中に疲れやストレスがたまるところが存在しています。
体が疲れたとかストレスが溜まったとか単純に言いますがこの疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながら多くは中枢神経系と内臓に溜まっていきます。

骨盤矯正をして行く時に一番近くにある内臓というのは大腸や小腸や膀胱や子宮や卵巣ということになりますので今、言った内臓に疲れやストレスが溜まるということです。
しかし内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんのでしっかりと説明を聞いてください。
病院というところは病気の専門家がの先生がいるところですから血液検査や尿検査やレントゲンや MRI 検査行こう検査などは病気の検査をしています。

しかし骨盤矯正で扱う内臓というのは病気と言ってるわけではありませんので数値的な異常が出ていないということは当然だと思います。

骨盤矯正では

例えばですけど大腸や小腸に疲れやストレスが溜まると弱い部分に多く蓄積していく傾向がありますので弱い部分が大腸や小腸だということであれば便秘などが起きてしまうということで便通が悪くなっているということがあります。

便秘が起きて便通が悪くなっているのに便が多く大腸に止まることが原因で骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすることは当然です。

普段そんなに多くの面があることはない大腸や小腸ですから便秘で便が出ていかないと骨盤が徐々に歪んだり開いたりすることは当然起こると考えなければいけません。
骨盤矯正で行う骨盤の矯正というのは単純に骨だけ矯正してしまえばいいというわけではなく骨がどうしてゆがんだのかズレたのかという原因が存在するということです。

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きる原因は疲れやストレスの蓄積なんですが人の体というのは弱い部分とそうでもない部分に分かれて存在しています。そうでもない部分には疲れやストレスが溜まることは少なく弱い部分に多くの疲れやストレスが溜まる傾向がありますので弱い部分が大腸や小腸であれば大腸や小腸に疲れやストレスが多くたまり便を送り出すことができないということになります。

また生理痛や生理不順が起きやすい方は骨盤の下部の部分に生理痛は生理不順の原因の内臓が存在していますので骨盤の股関節の部分が該当しますので股関節の部分が横に出っ張ってくる傾向があります。

骨盤の股関節の部分が出っ張ってくるということは骨盤の下の方が開いてくるという傾向になりますので開いてくれば余計に生理痛や生理不順が起きたり尿漏れを起こしたり膀胱炎を繰り返したりという傾向は当然だと思いますし骨盤の歪みや骨盤の開きが長期間慢性化状態にあると単純に歪んだりしただけではなく内臓にもその状態の悪さが変えってきます。

骨盤矯正を行う上で内臓というのは深く関係をしていますので内臓が弱っていると骨盤は自然に歪みが開きを起こしていきます。
そして睡眠負債状態が起きている方が最近多くいますので睡眠負債状態の方は体調を検査してみると決して良い状態ではありません。

骨盤矯正を希望されて訪れた方に院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと多くの方が同じ答えを返してきますので同じ答えというのは体調は悪くありませんとか調子はいいと思いますという感じなんですが検査をしてみると逆のとんでもないことになっています。

不眠症という言葉がありますが不眠症の方は夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたりする方が不眠症でしたし夢ばかり見る方が不眠症でした。

しかし睡眠負債という方は最近多くの方が該当しますので自分で睡眠負債状態ではないと思っている方ほど睡眠負債状態に陥っている可能性があります。
骨盤矯正を行っていくときには一番の天敵は睡眠負債状態と疲れやストレスです。

睡眠負債というのは夜寝ようとするとすぐ眠れる市朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が一番、睡眠負債状態になっていると思います。
睡眠というのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいますので熟睡状態のことです。

朝、目が覚めた時に熟睡状態をしていれば満足感がありますし、「寝たな」と思うことが多くあると思います。
朝目が覚める時間に目覚まし時計が鳴って目が覚めてもあくびが出なければいけません。

どんなに良い睡眠をしていたとしても毎日毎日最高の睡眠ができるのかと言うとそうではありませんので誰でもあくびが出たりすることがあったりしなければいけませんが最近は多くの方が昼間はあくびが出る可能性もありますが寝ようとする時間と目が覚めた時間にあくびが出ていなくてすぐに動ける方が多くなっています。

朝に目が覚めた時にすぐ動けるということは脳が眠れていない証拠ですし体が寝ていないという状態です。

つまり惰眠を貪っている状態で寝ているということになりますので惰眠というのは出ているわけではありませんから熟睡状態ではないということです。
眠りが浅いということは大脳が急激に弱っていきます4代脳に支配された内臓はすべて働きを低下状態に陥っていきますから奈落の底のような体調になったりどん底のような体調をしている方が多くいます。

当院では検査することができますので検査をして見るとすごい状態になっている方も何も感じていない方が多くなっていますので大変な状況になっていると思いますがうまく説明をすることができませんし初回からすべてがわかるということはありません。
骨盤矯正をして行く時には骨盤を小さくすることをしていきますが骨盤の歪みや骨盤の開きを整えていくことをしなければいけませんが最近は多くの方が睡眠負債状態になっていると先ほど説明したように奈落の底のような体調していたりどん底のような体調になっていますので皮膚や筋肉や靭帯や脂肪や骨などが炎症や腫れ起こして肥大傾向を起こしている方が多くいます。

肥大型こうというのは大きく膨らんで変形していくということですから骨盤が一気に大きくなったような感じがしてズボンが履きにくいという方が多くいます。
こんな状態の体調の方が骨盤をいくら小さくしても維持することや持続力なんかはあるわけはありません。
体調から、あげて整えていくことをしないと骨盤をいくら小さくしても持続力は上がることはありませんし最近は多くの方が体調が悪すぎるため体質改善の治療で直していくことをしないと維持することができない方もいます。
骨盤矯正をして行く時には特に骨盤の中に入っている内臓の状態が深く関係をしていますので疲れやストレスが内臓に溜まっていることが多くあったり睡眠負債状態で大脳が弱ってしまった方ほど立った瞬間に崩れる方もいます。
一番強いのは疲れやストレスよりも睡眠負債状態で大脳が弱ってしまった方です。
大脳が弱っていくと弱っただけでは済まなくて脳細胞の急激な現象が起きることは必然です。

弱っただけで行く理由はありませんし脳細胞の急激な現象が起きていくとどういうことになるのかということを考えなければいけません。
睡眠負債状態というのは大変強いものですから骨盤矯正をして行く時にはしばらくの時間がかかりますし簡単に一回で小さくなったからといって喜んでばかりはいられません。

骨盤矯正の左右差
2018年09月26日