腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

疲れやストレス

腰痛を楽にしようと思うなら原因を見つけ出すことをしなければ一時的に楽にする方法はいろいろありますが繰り返したり踊りやすくなったり長期間、腰の痛みに悩まされる結果になってしまいますので腰痛には腰痛を起こしている原因があります。

腰痛を楽にすることは二通りの方法があります。
一つ目の方法というのは楽にすることです。

もう一つの方法というのは楽になったら原因を見つけ出して直していく方法です。
多くの腰痛を治していると思われる治療法というのは楽にする治療法になっていますので楽になってしまえば腰痛や腰の痛みが治ったと思うでしょうが実は楽になっているだけなんです。

腰の痛みが起きるのは

腰痛や腰の痛みを楽にする治療法というのは普通一般的に多く見受けられるものがありますが湿布を貼ったりすることでも腰痛が楽になることもありますので湿布を貼ってインドメタシンやスースーする薬剤などで楽になって炎症が治まっていくことが多くあります。

確かに腰痛や肩こりでも湿布を貼ったりすることでも楽になることもありますがいつまでも同じことを繰り返していては原因も進行していきますので同じままではいられません。

どうして腰痛が起きてしまったのか腰が痛くなってしまったのかということを本人に聞いてみると重たいものを持ったりして急に腰が痛くなったとか前かがみをして何かを取ろうとした時に腰を痛めてしまったとか畑を耕そうとしていて前かがみでクワを扱っていたり座って土いじりをしていたら立とうとした時に腰が痛くなったとか車の運転をしていると腰がズキズキとウヅキ出すとかベッドや布団に寝て朝、いつも腰が痛いとか仕事で立ち話をしている時に腰が痛くなっているとかいろいろなことを言われます。

痛みには炎症やハレが

確かに腰痛と言うと炎症が伴っていることが多くありますので炎症を抑えるためには湿布などで冷やしたり薬剤を当てて炎症を取ることも大事です。
特にぎっくり腰などでは冷やすことが主に一番だと思いますので始めはどんな痛みでも冷やした方がいいと思いますが慢性化状態になってしまうと温めても冷やしても効果はあるかも分かりません。

湿布というのは炎症やコリや緊張などを改善することができます。
腰痛と言うと多くの場合、筋肉の炎症や緊張などが起きていることもありますので湿布を貼ったりしても楽になることもあるということです。

痛みを鎮痛させること

また腰痛と言うとマッサージをすることでも楽になることもありますがマッサージをする時に筋肉の緊張やコリが起きてしまっていると腰痛として感じてしまうことも多くありますので筋肉をほぐしたりすることでも腰痛は楽になっていきます。

また多くの治療院で用いられている低周波治療器や電気などをかけても腰痛が楽になることもありますので低周波治療器で低電流の電気を腰の部分に当てているだけで腰がラクになっていくこともあります。

しかしこれらの治療法でも楽になっていきますので、これらの治療法の事を対症療法と言います。

対症療法

対症療法とは

対症療法という治療法は楽にすることを目的とした治療法ですから楽にすることが治ったという意味になってしまいやすいのですが本当の意味で言うと治ったわけではありませんので楽になっただけです。

腰痛や腰の痛みを起こしている方は多くの場合、原因が潜んでいますので原因を見つけ出すことをしなければいけません。
腰痛や腰の痛みを起こしている方の場合、多くの方の場合、骨盤の歪みや骨盤の開きそして

背骨のズレが深く関係をしています。
腰痛や腰の痛みがある方は必ず骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きています。
今まで30年以上の腰痛の改善をしてきた院長ですが骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがない方は一人もいません。

骨盤の歪み・背骨のズレ

つまり全員の方が骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるということです。
しかし歪みやひらきやずれというのは姿勢で起きたり足を組んだりすることで歪みが起きたりすることはありませんのでどうして歪みや開きがズレが起きるのかという原因があります。

確かに腰痛や腰の痛みと言うと急性症状が多く見受けられますので筋肉をほぐしたりすることでもマッサージをすることでも湿布を貼ったりすることでも電気、低周波治療器をかけたりすることでも楽になることもありますが骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレは残ったままになっています。

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあっても程度が軽いと何も感じない場合が多くあります。

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きるのも原因があって起きていますので原因を探さなければいけません。
誰でもある骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレなんですが残したままになっていると

痛みを感じない時でも筋肉や靭帯を硬くしてしまったり脊椎管狭窄症という症状になったりすることもあります。

歪みやズレの黒幕

歪みやズレがあるのに単純に歪みやズレだけで済むかと言うとそうではないということです。
歪みやズレが起きてしまっていると周辺にある筋肉や靭帯も伸ばされたり緊張したりということが長期間に及んでしまいますと筋肉や靭帯も徐々に硬くなったり循環が悪くなってしまったりします。

普通でも骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレは変化しています。
どうして歪みやズレが変化するのかと言うと毎日毎日の生活や仕事をしたりすることや運動したりすることやいろいろな物事で積み重なるものがあります。
積み重なるものは多くの方に必然的にあるものです。

別に特別なものではありません。
全員の方が蓄積していくものが腰痛や腰の痛みになる骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きています。

歪みやズレ

疲れやストレスの蓄積

日常的に毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで多くなっていくものがありますので多くなっていくものが体に蓄積していきます。

体に多く蓄積していくものというのは疲れやストレスです。
日常的に疲れやストレスは多くなるばかりですから体を動かしたり仕事をしたり運動したりすることでも多くなりますし何もしなくても多くなったりします。

疲れやストレスというのは体に溜まるということは何となく分かっていると思いますが体のどこにたまるのかということが一番の問題なんです。
疲れやストレスも溜まるところがあるから溜まっています。

疲れやストレスが溜まったと思う方は多くいると思いますが特にだるさを感じた時には疲れたと思うでしょうがこのだるさを感じているものが疲れなんです。
疲れやストレスが体に溜まるということはどこにたまるのか。
たまるところを言う前に人の体というのは生まれつき弱い部分とそうでもない部分が存在しています。

そうでもない部分に疲れやストレスが溜まることはあまりなく腰痛や腰の痛みになることはありません。

弱い部分に疲れやストレス

しかし弱い部分というのはそうはいきません。
弱い部分に疲れやストレスが溜まることが原因で腰痛や腰の痛みになっていきます。

ですから生まれたすぐから先将来の問題がわかります。
先将来の問題というのは産まれたすぐから、この子は成長していく過程で、いつかは腰痛や腰の痛みに悩まされるだろうということです。

腰痛は腰の痛みになりやすい場合、体質が関係しているので体質というのは生まれつき持っている体の弱さです。
例えばですけど母親と父親が腰痛になったことがある場合は子供も遺伝的に腰痛や腰の痛みに悩まされる場合が多くあるということです。

必ず色々な痛みになる時には腰痛であろうと腰の痛みであろうと肩こりであろうと頭痛であろうと生理痛であろうと便秘であろうと遺伝子が必ず関係していますのでどれくらい症状になっている部分が弱いのかということと体質に関係があります。

体質改善

体質改善

もし体質的に強ければ腰痛になったりすることもなく便秘や生理痛や頭痛になったりすることもありません。
体質的というのは親からもらった遺伝子に全て関係がありますので根底にあるものが全て排出に関係をしています。

腰痛になる場合は内臓が深く関係をしています。
腰痛になる場合は筋肉も深く関係をしています。
腰痛や腰の痛みになる時には内臓と筋肉が深く関係をしていますので特に内臓に問題がある時に腰の痛みになることが多くあります。

しかし内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも病気というのを結びつけることなくしっかりと説明を聞いてください。

腰痛や腰の痛みになる時には弱い腎臓に疲れやストレスが溜まっていくと徐々に骨盤を支えている大腰筋、腸骨筋という筋肉がバランスを崩してしまいます。
大腰筋や腸骨筋というのは両方合わせて腸腰筋ともいいますので腸腰筋がバランスを崩すと骨盤を支えることができませんので骨盤が支えることができないと筋肉が引っ張ってしまい

骨盤の歪み・背骨のズレがどうして

骨盤が歪んだり開いたりそして背骨がずれたりしていきます。
腸腰筋というのは股関節の内側から一つの筋肉は骨盤の上の方の部分についていてもうひとつの筋肉は腰の骨から横隔膜まで入っている筋肉になります。
この筋肉がバランスを崩すことが原因で骨盤が開いたり骨盤が歪んだりそして背骨が引っ張られたりしてズレを起こしていきます。
歪みやズレが存在しているときに重たいものを持ったりすると体を支えることができません。

体を支えることができないのにバランスが悪い状態で重たいものを持ったり前かがみになったりすることで腰の負担が大きく拡大します。

腰痛や腰の痛みを起こしている方の多くは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のずれがあり腸腰筋のバランスが悪くなっています。
腰痛や腰の痛みと言うとイメージする部分が一番、トップで上がってくるのは腎臓です。

腸腰筋と腎臓は深い関係を持っていますので主にですが腎臓に疲れやストレスが溜まることが原因で腸腰筋のバランスが悪くなっていきます。

筋肉バランス

必ず腰痛や腰の痛みになる方は骨盤の歪みが起きています。

腰痛や腰の痛みになりやすい方は腎臓が弱い方です。
腰痛や腰の痛みになりやすい方は体質が関係していると説明しましたが退出というのは生まれつき弱い内臓だと言いましたが弱い内臓が生活することでさらに疲れやストレスを多く貯めてしまい細胞の変化が起こり老化していくということが起こります。

細胞が変化してしまった最終形態が病気ということになりますが病気というのもゼロから一気に100になることはありませ。
病院でいくら検査をしても進行途中では何も反応もしなくて数値的な異常もでない場合も多くあります。

腎臓が弱くたって弱いというのは病気ではありませんので進行途中ではまだ数値的な異常は出ることはあまりありません。
つまりこの状態を長期間ほっておくと腸腰筋が硬くなってしまったりすることが多くありますが腸腰筋が硬くなってしまうということは揉めばいいだろうと思うでしょうがどうかした状態で硬くなると言っていますので筋肉がどうかしたものは、揉んでも柔らかくなることはありません。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

2018年09月13日