腰痛

腰痛は

腰痛を改善しようと思うなら腰痛を楽にすることばかりしていないで腰痛の原因を見つけ出すことから腰痛を改善していくようにしませんか。

腰痛と言うと重たいものを持ったりして腰が痛くなったとか車の運転をして座っているだけでも腰が痛いとかくしゃみをしただけでも腰が痛くなったとか座って畑をいじっていたら立とうとした時に腰が痛くて体を伸ばせないとか寝ている時に朝起きたら腰が痛いとか色々な腰痛になるものがありますがこれらは全て切っ掛けです。

腰痛とは

腰痛の方にどうしたら痛くなったんですかと聞くと多くの方が切っ掛けを答えていますので切っ掛けというのは全て原因ではありません。

腰痛と言うと重たいものを急に持ち上げたら腰が痛くなったとか言われますので重たいものを持ったりすることでも痛くならない時もあれば会いたくなる時もあります。

痛くならない時と痛くなる時の差がありますので何の関係があるのかということを見つけ出さなければいけませんから腰痛というのは二つの物が重なった時に腰が痛くなります。
一つはきっかけです。

骨盤の歪み・背骨のズレ

もう一つは骨盤の歪みや骨盤の開きです。
両方が重なった時に起きていますが切っ掛けは誰でもあるものですが骨盤の歪みは骨盤の開きというのはいつも変化しています。

骨盤の歪みは骨盤の開きというのは大きく開いたり歪んだりすることがあったりまた少し戻ったりということが起きていますので変化しているということなんですが最大限に広がった時に重たいものを持ったりすると体を支えることができないほど骨盤が不安定になっていますので不安定な時に腰が痛くなります。

骨盤の歪みや骨盤の開きが小さい時、軽い時というのは同じことをしても腰が痛くなることはありません。

腰痛は骨盤の歪み・背骨のズレから

腰痛を起こす時には必ず骨盤の歪みは骨盤の開きが起きている時ですからどうして骨盤の歪みは骨盤の開きが起きるのかという原因があるということなんです。

骨盤の歪みや骨盤の開きというのは誰でも起きているものなんですが腰痛になっていないだけということもありますので女性では生理痛は生理不順や便秘などや起きてしまうのが骨盤の歪みや骨盤の開きに原因があるということもあります。

しかしどうして骨盤の歪みは骨盤の開きが起きるのかという原因なんですが横座りをして歪みやズレが大きくなることはありませんし足を組んで座っていても歪みやズレが拡大するということはありません。

変わる骨盤の歪み・背骨のズレ

歩いたりジョギングをしたり階段を上ったりすることでも骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなるということはありませんのでどうして歪みやズレが起きるのかという原因を見つけ出さない限りは先に進むことができませんので、そこから見つけることをしています。

骨盤の歪みは骨盤の開きというのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやいろいろなものごとで多くなってしまうものが原因なんですが、この原因というのは積み重なっていきます。

積み重なった原因が大きくなって多くなっていくと骨盤の歪み骨盤の開きが拡大していくということが起こりますが、まだこの段階ではありません。

さらに歪みやズレが起きて重たいものを持ったりした時に腰が痛くなりますので体を支えることができないぐらい重たいものを持ったり体から話して重たいものを持った時に 体を支えることができないと腰が痛くなります。

歪みやズレが腰痛に

歪みやズレというのは姿勢が悪くて起きることもありませんし猫背でも歪みが起きることはありませんが猫背でも姿勢が悪くても違う原因が存在しているから猫背になったり姿勢が悪くなります。

骨盤の歪みは骨盤の開きが起きる原因は毎日毎日の生活、仕事をすることでも多くなったりするものが体に蓄積しているのが原因です。

体には自分が思っている以上に溜まっているものが存在しているわけですけどこの存在が歪みやズレを起こす原因になっています。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65キロになりますのでことなんですが水分といっても水と言ってるわけではなく水が存在しています 。

疲れやストレスがたまる所

あと残った35 kg の中に疲れやストレスが溜まるところが存在しますので疲れやすいですがたまりやすいところというのは神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しかありません。
この中で疲れ、ストレスですがたまりやすいところと考えられるのは筋肉と内臓になります。
しかし内臓といっても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも内臓と言うと病気というのを結びつけることなく説明をしっかりと聞いて下さい。

体には本当に多くの疲れやストレスが溜まっていきますが疲れやストレスというのは体に溜まるというのは知っていると思いますがそれを考えたことが無い方が多くいますので疲れやストレスというのは体のどこかに溜まっていくわけです。

もちろん疲れやストレスというのは全体に溜まっていきますが筋肉にも、たまりながらある部分に多く蓄積していくんです。

内臓疲労が腰痛に

ある部分というのは内臓なんですが内臓と言うと筋肉よりも体の内側に詰まり中にありますので内臓疲労から骨盤の歪みや骨盤の開きになり腰が痛くなるほど骨盤が歪んでいるということが起きています。

腰痛が起きる時には必ず骨盤の歪みは骨盤の開きが起きていますので腰痛の原因になる内臓というのは腎臓が深く関係しています。

腎臓が弱い方がいますので腎臓が弱いとストレスを溜めやすくなっていきますのでストレスを溜めた状態が腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなり骨盤の歪みは骨盤の開きが起きて腰痛になっていきます。

人の体というのは弱い部分とそうでもない部分が存在しますのでそうでもない部分は何も症状を起こしたり先将来の問題につながることはありませんが弱い部分というのは疲れやストレスを溜めやすく疲れやストレスを多く蓄積していくと細胞の急激な変化が起こります。
細胞の急激な変化が起きるとさき将来の問題につながっていこうとします。

腰痛の方というのは腎臓が弱いわけですけど腎臓が弱いともしかしたらですけど確率的に腎臓の病気になりやすいということが言えます。

内臓疲労は病気ではない

しかし今は病気と言ってるわけではありませんので未病の状態です。
未だ病気にあらずということです。

ですから病院に行って検査をしても病院というところは病気の専門家のところですから数値的な異常が出ることはないと思いますので健康だということや異常なしという判断が降る可能性があります。

しかし健康な細胞から病気の細胞になる時には半年や一年で進行していくということは考えられませんので細胞が変化していく時間が必要になりますので細胞が変化していく時間というのは5年でもなく10年ではなく10年以上でありながら徐々に変化していきます。

全員の方がスタートラインは違いますのでゼロから始まっているということはありません。
生まれてからすぐに生まれる前からゼロではないということです。

遺伝的な要素から腰痛に

これは遺伝的な要素が絡んでいますので家系的なものが関係していますから親が腰痛を起こした事が一回でもあれば腎臓の可能性があるということなんですが親は病気ではないということもあります。
病気になっていくときには数値的な異常が出ていない限りは病気ではありませんので数値的な異常が出ていないでもありますからなんでもかんでも病気に直結しているわけではありませ。
腰痛と言うと弱い腎臓に疲れがたまることが原因で蓄積していき腎臓が炎症を起こしたり腫れたりということを起こしますが炎症や腫れというのは病気ではありませんので数値的な異常が出ることがあまりありません。

腎臓の部分が炎症や腫れを起こしたりトラブっていると触るとわかりますが硬くなっていたりぶよぶよなっていたりということがあります。

腎臓疲労から腰痛になる

腎臓が弱くなっていくと腎臓に関係する筋肉というのがあります。

腎臓が弱った時には必ず弱る筋肉ナンデス。
腎臓が弱っていくと股関節の内側についている筋肉で大腰筋と腸骨筋という筋肉がありますので大腰筋と腸骨筋の筋肉のバランスが悪くなり引っ張ったり緩んだりしながら骨盤が開いたり歪んだりします。

骨盤が開いたり歪んだりした時に重たいものを持ったり座ってには仕事をしていたりすると骨盤が余計に広がりますので広がることが原因で余計に大腰筋と腸骨筋の筋肉のバランスが悪くなり骨盤がさらに歪んだり開いたり拡大していきます。
この腰痛になったり腰が痛くなります。

睡眠負債と腰痛

そして最近多くの方が睡眠負債状態になっています。
自分でも気がついていない方が多くいますが夜寝ようとするとすぐ眠れるじ朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっていますが普通に考えたら良い眠りをしているように思えると思いますが実は違うんです。

眠りというのは大脳が休養とっていることだけをいいますので熟睡状態を言います。
夜寝ようとするとすぐ眠れる市朝まで目が覚めないから寝ていると思ってる方が多くなっていますが睡眠時間が6時間ある方が夜寝ようとするとすぐ眠れて寝ながら考える時間が5時間も6時間もあったりすることがあります。

そして夢を目が覚める瞬間に見ています。

睡眠負債が多くなると


目が覚める瞬間に夢を見ることが多くあるために記憶に残り覚えていますが寝ながら考え事をしてる時間というのは圧倒的に長くなっていますが長くなっていることさえ目が覚める瞬間に夢を見ているから気がついていません。

睡眠負債状態のある方は大脳が急激に弱っていきますので大脳が弱ると限界まで悪さを溜め込んでしまうことがありますから最高に悪くなった状態で腰痛を起こしています。
最高に悪くなった状態で腰痛になってしまうと一気に椎間板ヘルニアになったり変な状態の腰痛を起こすことがあります。

変な状態の腰痛というのは最近多くの方が検査をすることでわかりますが骨盤の骨が炎症を起こしたり腫れたりということが起きています。

骨の炎症やハレ

普通は常識では考えられませんが骨が炎症を起こしたり腫れたりという感じでジュクジュク状態になっています。

骨盤の骨だけではなく腰の骨の炎症を起こしたり腫れたりということがありますので単純に歪みやズレだけを矯正すればいいというわけではありません。
睡眠負債状態というのは急激な脳の働きの低下を起こしていき脳の働きの低下から脳細胞の急激な現象を起こしていきますので最初は物忘れやうっかりが多くなっているのが特徴です。

眠りとは

最近は多くの方が睡眠負債状態に陥っていますので睡眠負債状態というのは厄介な状態になっていきますから大変なことが起きていますが大変なことだということもわからない方が多くいます。

睡眠負債状態が起きている方は簡単には良くなることはありませんので定期的に治療を受けることで少しずつでも回復する可能性がありますが回復させない限りはまたは体質改善で直さない限りは治ることはありませんのでどんどん悪くなるばかりです。

目が覚めないから寝ていることには

睡眠負債状態というのは最近多くの方が落ちていますが目が覚めないから寝ていると思うのは勘違いもいいとこですから大変な結果を招いていきますがどれだけ内臓が弱っているのかということはわかっていません。

睡眠負債状態が起きている方は全ての内臓がパワーが落ちています。
全ての内臓の働きが低下状態であれば大変な結果を招いていきますので腎臓だけではなく心臓も弱っています。

腰痛と言っても色々な腰痛がありますので単純なものから中程度のものから重症程度のものからひどすぎるものからいろいろな段階がありますがすべてを最初から検査できることはありません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

2018年08月20日