整体

整体というのは、腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘などの原因が歪みやズレにあるということで、歪みやズレを矯正していくことをせ、症状を楽にして体を整えていくのが整体です。

歪みやズレ

歪みやズレは

しかし、どうして歪みやズレが起きるのかということを考えなければいくら歪みやズレだけを矯正すればいいというわけではありません。
多くの整体院や整体の治療を行うところでは、歪みやズレを中心に考えていますが、歪みやズレがどこから起きるのか、どうして起きるのかということを考えているいる方は少ないと思いますし、歪みやズレの先にあるものを見つけ出して整えている方は、専門家の先生でも少ないと思います。

腰痛や肩こりの原因になってしまう、歪みやズレというのは、どうして起きるのか。
歪みやズレの原因があるから歪みやズレが起きてしまい、腰痛や肩こりになっているということなんですが、歪みやズレを矯正することだけがいいわけではなく、どうしてどこから、歪みやズレが起きたのかということを見つけ出さなければ本当の意味で解消することにはなっていません。

体を整える整体

整体というのは、体を整えていくことをしていくのが整体ですから、単純に体を整えていくということは何をしたら体を整えていくことができるのかということが問題視されますが、多くの生体の場合、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレだけを矯正したり、筋肉を問題にして、あとは電気、低周波治療器などをかけるということが多いようですが、その先にあるものが痛みやコリに関係しているのに、そこまで考えてきている先生はいません。

腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘などがどうして起きるのかということを見つけ出すためにも、対症療法ばかりしていると結果として骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが残ったままになっていますので、歪みやズレを残したままだと進行していくということがありますので、徐々にゆがみが長くなればなるほど固まってしまって動かなくなっているということもあります。

単純に整体というのはどうして、歪みやズレが起きるのかということを見つけ出すこともしていませんし、歪みやズレを矯正しているだけなんですが、矯正してボキボキしたりすることで骨を整えてあとは低周波治療器という感じだと思いますので、当院ではそこまでのレベルではないということです。

歪みやズレが起きる原因

どうしてどこから歪みやズレが起きるのかということを見つけ出さなければいけませんので、当院では検査をする事をしています。
検査をしてみて、骨盤の歪みや骨盤の開きが本当にあるのかということを検査しなければいけませんので、検査することでもし見つかれば矯正することをしていますが、矯正すると言ってもボキボキすることをしていませんので、単純にマッサージをするような感じで筋肉だけではなく骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが矯正できるというマッサージ法です。

歪みやズレが起きる原因というのは、日常的に誰でも多くあるものが原因ですから、特別なものではありません。
日常生活で多くなったり、仕事をすることでも多くなったり、運動することでも多くなったりするものが原因です。

何をしても多くなるもの

テレビを見ている時でも、映画を見に行っている時でも、食事を作ったりする時でも掃除をしたり、洗濯をしたりするときでも何をしても多くなったりするものがありますので、多くなったりするものというのは疲れやストレスの蓄積です。
疲れやストレスが溜まっていないという方は、いません。
疲れやストレスが溜まったことをわかっていない方が多くいます。

疲れやストレスというのは、蓄積すればそれほど見解なく溜め込んでしまいますので、疲れやストレスというのは体に溜まるということはわかっていると思いますが、体のどこに溜まるのかということが一番の問題になります。
疲れやストレスの溜まる所というのは、筋肉にも溜まるりながら、ある部分に多く蓄積していきます。

疲れやストレスというのは限界なく蓄積していくものなんですが、限界なく蓄積したものがある部分に多く蓄積していくと徐々に細胞の変化が起きていきますので、細胞の変化で色々な症状になり、先将来の問題につながる場合が多く見受けられます。

疲れやストレス

疲れやストレスが溜まる所というのは、例えば消去法で言うと体重が100キロの方がいるとしたら、体をぎゅっと絞ってみると水分が65キロにも絞って出てきますので、体重の半分以上が水分だということなんですが、水分と言ってもリンパ液だったり、血液だったり色々な水が存在しますので、体の半分以上が水分ということですから、あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところが存在しています。

35キロの中に何があるのかというと、神経と血管とリンパの重さと皮膚と筋肉靭帯と脂肪と骨と中枢神経系、内臓とになります。
では、この中で35キロの中で疲れやストレスが溜まりやすい所と言うのは中枢神経系も内臓の1部ですから、内臓と筋肉にたまるということが消去法でわかります。

内臓疲労が歪みやズレ

しかし、内臓と言ってもなんでもかんでも病気というのを結びつけることなく、内臓に疲れやストレスがたまることが原因で身体の内側から崩れを起こしていくということで、骨盤の歪みや骨盤の開きになるということなんです。

例えばですけど、便秘の方は必ず骨盤の歪みが起きています。
便通が悪くなって便秘になることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きが起こりますので、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることで、さらに大腸を圧迫するという形になりますので、働きの低下が起こり働きの低下から便秘が起きるということになります。

生理痛の方も同じなんですが、生理痛が起きる方、起き易い方は子宮や卵巣のある下腹部のあたりが開いていることや歪んでいることがありますので、ゆがみや開きが起きると更に内側にある子宮や卵巣のトラブルが起こりやすく、生理痛になるということですから、下腹部のあたりを押してみるとぶよぶよしている方や炎症や腫れを起こしている方が多くいます。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛やぎっくり腰を起こしやすい方を起こしている方も同じなんですが、腎臓に疲れやストレスがたまることが原因で腎臓に関係する内容、金鳥骨筋という筋肉のバランスが悪くなり、この筋肉が骨盤に付着しているために骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて不安定状態になっていきますので不安定な時に重たいものを持ったり、前屈をしたり、中腰をしたりすることで余計に骨盤の歪みや骨盤の開きを広げてしまいますので、体を支えることができない時に

腰痛やぎっくり腰になっていきます。

最近は多くの方が寝ているようで、眠れていませんので、目が覚めなければ寝ていると勘違いしてる方が多くいますが、眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけお眠りといいますので、スースー寝息を立てていることが寝ている訳でもなく、人が見てグーグー寝息を立てているような状態で気持ちよさそうな眠りをしているなと思っても格好だけを見て勝手に判断をしないでください。

夢を見ている時も眠れていませんので、夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていることができますが、さらに最悪な睡眠というのは夜寝ようとするとすぐ眠れてすぐに寝ながら考え事をしてる時間が5時間も6時間もあって目が覚める瞬間に夢を見るという感じになっています。

睡眠負債と整体

寝ながら考え事をしてる睡眠が多くなればなるほど、大脳は弱っていきますので、大脳が弱るどころではない方もいますが、異常なほど大脳が弱ってしまうと脳内麻薬が多く出てしまい痛みや凝りを感じなくなる位まひ状態になっていきます。
まひ状態になった方は痛みや凝りも感じませんし、風邪もひきませんし、インフルエンザにもかかることはありませんので、隠れインフルエンザになったり隠れ風になったり隠れ心筋梗塞になったりすることも多くあり、検査することでやっと症状が悪いということが見つかってしまう方も多くいます。

痛みやコリがわかる事

普通は大脳が元気だから痛みや凝りを感じるし、風邪を引くこともできますし、インフルエンザウイルスが体内に入って増殖状態になればインフルエンザにかかり諸症状がでたり、高熱が出たりということになります。
大脳が元気だから出来る技なんですが、ウイルスや細菌が体内に入ってきても脳が弱ってしまっていると何も起こりません。

ウイルスは細菌が体内に入ってきて大脳が元気だから熱を上げたり、風邪をひいたような諸症状を起こしたり、インフルエンザウイルスが入ってきたらインフルエンザウイルスのような諸症状を起こすということで分かることなんです。

体調の悪さ

しかし、大脳が弱ってしまった方は何も感じません。異常に体調が悪くなっていることも

心臓に負担が起きていることも内臓が弱りきっていることさえも何も感じていないという方が多くいますので、そういう体調の方を奈落の底のような体調とかどん底のような体調をしているなと思って判断をしています。

最近は多くの方が大脳を弱らせてしまっているので、大変なことになっていますが、大変なことだということも気が付いていないし、分からない方もいます。
そういう方は先将来近い将来かも分かりませんが、ブレーキとアクセルを間違えたり、高速道路を逆走したりしても何も分からなくなっています。

整体と歪みやズレ


2018年08月10日