肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりを楽にしていくなら肩こりの原因になっているものを見つけていく事から、その為にもコリを楽にしていきます。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
肩こり

肩こりを楽にする

肩こりを楽にしていくなら肩こりのコリを楽にしたら終わりではなく、どうして肩こりのコリが起きたのか、その原因を見つけ出すこと。

肩こりが起きる時には体はどうなっているのか、考えること。

原因がなくて肩こりが起きることはありません。

何かの原因があるから肩こりが起きています。

その肩こりになる原因を見つけていくことをして原因を変えていく事からしています。

肩こりが起きている時、肩こりを感じている時、肩こりでつらい時、肩こりで体が重たい時、肩こりで気分が悪い時、肩こりで吐き気がある時、肩こりで首の痛み、首のコリがある時、肩こりダルイ時などは原因があるから起きています。

この原因をみつけて変えていく治療をしないと、マッサージしたり、低周波治療器や電器ばかりしていると原因もいつまでも同じままではありません。

肩こりには原因があります。

肩こりが起きやすい方は、肩こりがいつも同じように感じる方もいますが軽くなったり、肩こりが強くなったりすると思います。

軽くなる時には、何が原因なのか、肩こりが強く感じてつらい時には何が原因なのか。

肩こりを軽く感じる時には体調が少し良い時です。

肩こりを強く感じてツラい時には体調が落ちている時です。

疲れやストレスの蓄積

体調と言うのは疲れやストレスの蓄積度合いです。蓄積度合いには程度があります。疲れやストレスも多い時もあれば、軽い時もあります。

しかも疲れやストレスは蓄積する所があります。疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓に多くはたまっていきます。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。あとは内臓です。

大脳も内臓ですから、内臓に疲れやストレスは蓄積していきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。。

なんでもかんでも内臓というと病気と思わないで下さい。

内臓疲労から体の歪みが起こります。内臓疲労から疲れやストレスの回復ができなくなります。内臓疲労からリンパの流れが悪くなり老廃物が多く蓄積して流れ、循環が悪くなります。

肩こりが長いと筋肉もリンパの流れ悪くなり老廃物が多く蓄積して循環が悪くなりますが、それだけではなく筋肉も老化して固くなります。

筋肉も膝の関節のように老化していきます。

筋肉が老化して固くなってしまったものは何をしても柔らなくなりません。

筋肉の老化ですからマッサージしても低周波治療器や電器をしても、しているときだけ楽になります。老化の程度で戻る時間が違います。

一番は肩こりの筋肉が固くなると中には筋肉以外にもありますから、筋肉の中には神経、血管、リンパ管があります。

神経まで固くなると握力が落ちていきます。ものをつかみそこなったり、手のコワバリ、手のシビレ、一番は握力が落ちていくのが特徴です。特にペットボトルのキャップを回せなくなります。小さくものほど握力が低下していきます。これが神経が固くなると言うことで起こります。

そして血管の固さが起きると血管もつぶされていきますから血行障害が起こります。血の流れが悪くなります。

肩こりも単純な筋肉の疲れから起きる肩こりもあれば、違う肩こりもあります。

そして

肩こりは歪みから

肩こりと言うと筋肉疲労以外で起きる肩こりもあります。筋肉は骨から骨へくっ付いていますから骨がズレると骨の位置が動くので筋肉は引っ張られたり緊張します。これが肩こりになりますが、姿勢で骨がズレることはありません。

骨がズレを起こすことは特別なことではなく普通に誰でも起きていることです。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。疲れやストレスがたまるのは内臓ですから内臓疲労から体の歪が起こります。

肩こりの方は背骨のズレが有ります。

背骨のズレが有って筋肉が引っ張られて筋肉疲労を起こして肩こりになっています。これが肩こりなんですが、背骨のズレを解消しなくても肩こりは楽に感じます。

そのため肩こりの方を惑わしていることになります。

肩こりと言うのは筋肉に対して何かをすると肩こりが楽に感じます。

肩こりはマッサージしても楽に感じさせることができます。

肩こりは背骨のズレが有っても、低周波治療器や電器をすれば肩こりを楽に感じさせることができます。

肩こりは湿布を貼っても肩こりを楽に感じさせることはできます。

しかし

背骨のズレが残っています。しかも背骨のズレを起こしたのは内臓疲労からです。

内臓疲労

内臓に疲れやストレスがたまることで背骨のズレが起こり肩こりになります。特にある内臓が疲労をためた時に背骨はズレます。

ある内臓というのは心臓、肺、胃、肝臓などです。

特に心臓が一番、関係があります。時々、息苦しいとか、胸苦しいとか、心臓のあたりが一瞬ですがチクッとするとかありませんか、これが病気ではなく心臓疲労から起きる症状です。

この方は心臓にたまった疲れやストレスですから背骨の胸椎の1番目、2番目がズレています。

この1番目、2番目のズレで骨が動いていきますから骨が動くと筋肉は引っ張られていきます。これが筋肉疲労になり肩こりになります。

肩こりとは

肩こりとは内臓疲労から起きていることが多くあります。

当院では筋肉疲労を解消していくことから解消していきますが、筋肉疲労が解消できたら、背骨のズレを解消して背骨のズレを起こした内臓に蓄積した疲れやストレスを軽くしていく事をしています。

そして肩こりが楽になったら、体質改善の治療をすることができます。

体質改善は弱い内臓を強くしていく方法です。

弱い内臓ほど疲れやストレスがたまりやすくなります。

弱い内臓を放置しておくと病気に進行することもあります。

肩こりと言っても今は病気ではなくても、予備軍です。予備軍は内臓の病気になる可能性がある所です。

肩こりの原因

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑門司若松、行橋、下関市などから肩こりを楽にする為にはカイロプラクティック徳力整体院。

2018年04月14日