更年期障害を解消して楽になるなら

  • はてなブックマークに追加
  • 更年期障害には起きる原因がありますから原因から改善する治し方をして症状の緩和をしていきます。
更年期障害になるのは

更年期障害

更年期障害と言うのはある特定の年齢の女性に起きている現象ですが、近年、更年期障害というと男性も関係したものとしてとらえられています。

つまり生理に関係するホルモン、また、男性ホルモンが関係した症状が、すべて更年期障害ということになっています。

ですから男性も更年期障害になるし、女性も閉経前後から体調が悪いと更年期障害と言われます。

つまり男性ホルモン、女性ホルモンが関係した症状は更年期障害になります。しかし、男性はあまり多くはありません。男性の場合、自律神経失調症というのが多いみたいです。

更年期障害と体調は深く関係しています。自分は体調は悪くないと思う方もいますが、実際にはそんなことはありません。必ず体調が落ちていることがホルモンのバランス、内臓の働き、脳の働きに影響していきます。

更年期障害は改善できます。更年期は閉経時期に、起きるとされるホルモンの異常です。
と言うのが一般的ですが、閉経期を過ぎても、更年期が起きなかったと言う方もいます。

あまり更年期のような症状が出ても、関係ない場合が多くあります。
本当に更年期から起きている症状なのか、判断は無理です。
確かに、閉経前後で、ある年齢に達していれば、あるかも知れませんが。

全部は否定はしませんが。

要は、治りきらない体調の悪さです。
いつまでも、体調が良くならないかから、色々な症状が起こります。

長くいつもでも続くので、不安になったり、イライラしたり、動悸やめまい、ダルイ、などの症状が起きたります。
当院では、それぞれの方で違う体調を測る事が出来ます。

ここが、一番大事なんです。

体調と言うのは、自分でも悪い状態でなれてしまうと、わからなくなります。
この落ちている体調を上げていくと、少しずつ体調が上がって楽になっていきます。
色々な症状は、体調が落ちていて起きています。
体調が落ちると、ホルモンバランスも悪くなるのは、当たり前です。

脳下垂体ホルモン、甲状腺ホルモン、副腎ホルモン、卵巣ホルモンなどは、体調が落ちるとバランスはくるいます。

ご自分でも気が付かないうちに体調が落ちていてホルモンの異常が起きている場合がありますよ。
だから、何度も言いますが、閉経で起きているのか?

体調で起きているのか?

どちらかと言うと、

体調だと思います。更年期が起きるのは原因があります。
体は何も原因がなくて起きると言う事はありません。
女性は、閉経があって、閉経からくるホルモンの異常はあると思いますが。
それだったら、全員起きないと理由がみつかりません。

更年期は、何かの原因が、しっかりあります。
本当は、原因があるのですが、病気でもないから病院ではわからないだけです。

まず、考えられるのが体調がいつも悪いと言う事です。


眠りが浅いと、ダルイし、疲れやすくなります。
自分で、眠りが浅くなっているのが、わからない方もいます。
当院では、正確にチェックする方法があります。

30年の経験で、

すぐに頭を触れば、わかります。
眠れているか、同課の判断が、できます。
体の色々な不調がわかります。
少しずつでも、元気にしていく事ができると思います。

ホルモンのバランスを整える事もしています。
体の不調状態を改善していくには、体の疲れを取り除いて軽くしていく事です。

更年期障害が楽になって、さらに、小顔・小尻・ウエストのクビレができるので人気です
ある年齢になると、なりやすいと言われる更年期障害 ホルモンのバランスが原因と言われます。

しかし、同年齢の方でも、更年期障害が起きていない方もいます。
その差は、何なのか?
誰でも起きるものではなく、原因があります。
病院の検査では、わかりにくい所に原因があります。
当院では、まず体調を考えます。

更年期障害


体調が、どの程度なのか。

※ ほとんどの方は、あまり良い状態ではありません。。
この場合は、体調を上げていく方法で改善できるところまでしていきます。
当院では、体調の状態の検査ができます

もう一つは、

自分でも、わかりにくい、眠りの質。
夢ばかり見ていると言う状態ではないのか。
最近、多いのが、寝ながら考え事をしている方です。

レム睡眠の浅い睡眠の中でも、夢を見て寝ている状態の場合の方が深く一応寝ています。
当院で言う睡眠とは、ノンレム睡眠の状態です。

ノンレム睡眠は、脳まで休める睡眠のことです。
体は寝ていても、脳は休んでいない状態の方が、増えています。
頭を触ると、ブヨブヨしている方がいます。

これは、脳疲労です。

又は、弱りすぎて固く張っています。眠りの質と言うのは、熟睡の睡眠ができているかと言う事です。

できていないと、脳の疲れかストレスがたまると働きのバランスが悪くなります。
脳に疲れとストレスがたまると、脳下垂体ホルモンの働きが低下してしまいます。
バランスが悪くなると、色々な症状が起きやすくなります。
体の蓄積された疲れとストレスにも原因があります。

それと、脳の疲れとストレスが、更年期障害の一因になる場合が多くあります。
更年期障害には原因があります
最近眠れていない方が増えています

眠りが浅いと、更年期になりやすくなります。

眠りと言うのは 

正常であれば、レム睡眠とノンレム睡眠を交互に行います。
しかし、多いのがノンレム睡眠[深い睡眠)の回数が少なかったり、眠りの深さが、浅い方が増えています。。
つまりレム睡眠の浅い眠りが多くなります。
浅い眠りしかできないと、脳も体も、もっとストレスをためていきます
ストレスをためると、疲れやすく、痛みやコリが起きやすくなり、1度体調を崩すと回復力が低下しているので改善しにくくなります(痛みやコリが長引きます)

体調の悪さが長期に及びます。

レム睡眠

寝ている時には眼球が動いています
眼球が動く睡眠を『レム』と言います
脳が眠れていない睡眠状態、 脳が活動状態と言うことは、体も休んでいない
・浅い眠りで、身体は深く眠っているのに、脳が活発に動いている状態
・トイレに起きたくなる
・物音で目が覚めやすい(夢を見ている途中では、意識が夢に入りすぎていると目が覚めない)
 夢が長いと、脳が休んでいる時間がない
・脳は働いているので、この時 目覚めるとすっきり起きられる
・脳は動いているので、この時 よく夢をみる
・金縛りにあいやすい
・足がつりやすい
・レム睡眠が多いと、脳が疲れていく
・レム睡眠が多いと、体の疲れが解消できない
・イビキをかきやすい
・無呼吸になりやすい
・血圧が不安定になりやすい
・ストレスが軽減できない
・寝ながら考え事をしている時間が多い

ノンレム睡眠 

脳が休んでいるから、眼球も動かない。
脳も体も、休める状態の睡眠(これが、本当の睡眠)
 
・深い眠りで、脳も身体も休んでいる状態
・ストレスを消去している
・ホルモンの分泌をしている
・熟睡の睡眠
・ノンレム睡眠ができていると、体は元気
・レム睡眠は、体にたまった疲れが解消できる

いつもできるだけ多く

ノンレム睡眠ができていると、体は痛みやコリは起きません。
しかし、脳にストレスがたまってくると、いつかはレム睡眠しかできなくなります。
脳にできたストレスが、原因で深く眠れなくなると、疲れはどんどんたまるばかりで、いつかは痛みやコリが起きます
眠りの深さが足りないことが一因で、更年期が起きているかも???

眠りが浅いと、自律機能が悪くなり、自律神経の低下を招き、失調していきます
更年期も障害になる方と、ならない方がいます。

どこが違うのか、理由が体の中にあります
原因から追及していくことが大切です。

北九州市小倉南区・小倉北区、八幡東区、戸畑区、若松区、門司区、下関市、行橋市地区で30周年のカイロプラクティック徳力整体院。

ウィキペディアの更年期障害

トバンクの更年期障害

yahoo更年期障害