自律神経失調症には原因から

  • はてなブックマークに追加
  • 自律神経失調症は原因があって起きていますから原因から症状を変える原因から治していく薬や漢方薬も使うことなく解消しています。
自律神経失調症になるのは
北九州市小倉北区 30代の女性
2年前から体調が悪くなって病院で自律神経失調症といわれました。それから薬を飲んでいます。

院長:
自律神経失調症と言うのは、実際にある神経のことです。
自律神経が失調状態になるとバランスが悪くなってしまいます。
そうすることで色々な状態を起こすこと言いますが、病気らしい病気が見つからない時に自律神経失調症と言われています。
しかし自律神経失調症には原因があります。
当院で病院で行う検査ではありませんが、体調の検査をすると、自律神経失調症になっている方は、体調がすごく悪くなっています。
自律神経失調症になると体調が悪くなっていると言うよりも体調が悪くなりすぎていると言う事です。
これだけ体調が悪いと回復できないで当たり前と言う状態が起きています。
ですから自律神経失調症を回復させていくには体調を上げて体を整えていくことが優先です。

当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

※自律神経が解消する変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。
北九州市小倉南区 20代の女性
高校の時から自律神経失調症です。

院長:
長く自律神経失調症から回復しない場合は、何をしても回復はしませんが、当院では回復が望めますが、少しずつ、徐々に回復させていくことをしないと回復しませんし、回復を急いでしまうとダルクなったり、キツクなります。
その理由は、自律神経失調症になっている方は体調がすごく悪くなっています。
しかも自律神経が出てくる所は脳幹から出てきますから中枢神経の問題を起こしています。
中枢神経に問題を起こすと自力回復できません。
回復させることができるのは中枢神経のパワーです。
パワーがないのにどうやって回復させることができるのか???

ですから当院では体調を上げて良くすることと体を整えて行くことからしていきます。
体調から上げて整えて行くことでも自律神経は徐々に回復する傾向になる方もいますが、それだけでは安定しません。
原因を見つけて回復させる為にも周りから攻める必要があります。

当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。
※自律神経失調症が良くなる変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。

自律神経失調症とは

自律神経失調症状態と体調は深く関係しています。しかし、体調を上げていく治療と言うのは実際にはあまりしていません。

薬を飲めば体調は良くなるか?? → いいえ。

サプリメントを飲めば体調は良くなる?? → いいえ。

マッサージすれば体調は良くなる?? → いいえ。

注射を打てば体調は良くなる?? → いいえ。

低周波治療器や電器をすれば体調は?? → 上がりません。

体調を上げていく為には基本的なことができないと体調は良くなりません。体調を上げないと自律神経失調症は長期に及びます。

どうして自律神経が失調状態になっているのか??

体調は良いのか??と言う検査することが大切です。自律神経失調症の方は体調が良いことはありません。

自律神経失調症を直そうと思うなら体調を上げることこそ、大事です。

自律神経失調症を改善しています。

自律神経失調症と言うのは、自律神経がクルイを起こして色々な不調状態になることです。自律神経とは、背骨の横にある、実際にある神経の事です。背骨の両横に上から下まである神経で主には、循環、呼吸、消化、発汗、体温調節、ホルモンバランス、内臓の支配などを調節している神経です。


自律神経失調症とは、これらの支配が上手くできない状態になることです。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。
これらの2つの神経は、車で言うとスピードを出すアクセルと、車を止めるブレーキみたいなものです。交感神経は働かせる神経で、副交感神経は抑圧する神経の事です。
この交感神経と副交感神経が、一つの内臓を支配することも多く、この事を、2重支配といいます。

運動する時には、交感神経が良く働いて血管を収縮したり、心拍数を上げる働きをしています。
と難しい話は、置いといて、簡単に言うと、体調が悪い時には、自律神経は失調状態になっています。

腰痛が起きているときも、自律神経は失調状態になります。
肩こりが起きているときも、自律神経はくるっています。
眠りが浅いと、自律神経は乱れています。

何かの症状が起きている時には、正しく働いていません
この原因として上げられるものがあります。ほとんどの原因になるものですが、その原因は、

疲れやストレスです。

疲れやストレスも多く蓄積していると体には多くの疲れやストレスがたまっていきます。それも際限なく限界なく蓄積していきます。
限界なく蓄積していくと人によっては、それを感じません。つまりマヒしたり、鈍感になります。

慣れてしまう方も多くいるかも知れません。
そうすると、脳も疲労をためてしまって脳が元気ではなくなったり、弱ったりしていきます。これも際限なく起きていきます。
落とせば限りなく落とすことができるます。

あまりに落とし過ぎると、記憶の問題が出てきます。初めは自分でも、「うっかり」とか『ど忘れ』という感じで済みますが、徐々に大きくなっていきます。

自律神経失調症


失調症は、

薬などで直ることは、あまりありません。抑えるだけです。
自律神経失調症状態になったら、体調から上げていく事をしないと自律神経失調症は解消していきません。
自律神経失調症になるときには、ご本人もわからなく場合が多くあります。自分の体のことがわからくなことが出てきます。

自律神経は、脳の脳幹から出てきている神経ですから、脳の疲労が多く見受けられます。
上のイラストにあるように、脳から下に下がっている中枢神経の脳幹は生きていくときに働いている神経の事です。

この神経が失調状態になっていると言うことが、自律神経失調症です。

つまり、原因は脳疲労です。

自律神経と言う神経が体にはあります。この神経は、おおもとは脳幹から出ている神経で脳幹の働きが低下した時に自律神経失調状態になります。
この自律神経失調状態になると、病院などではわからない場合が多く、病気ですが、病気ではありません。これは病気だから、安定剤などの薬が投薬されますが、ほとんどの場合、安定剤とは、脳に効く薬です。精神安定剤や睡眠安定剤などと多少の違いはあっても同じです。
自律神経は、イラストの脊髄の上の延髄や橋と呼ばれる部分から発祥している神経の事です。ほとんど検査しても原因不明の場合、自律神経失調症を疑いますが、しっかりとした原因があります。

しかし、これを検査や証明をすることが困難な訳です。
自律神経失調症とは、体調が悪い時には乱れています。肩こりが起きているときには体調が良くないのでバランスが崩れています。
体調が悪い時には、自律神経は正常ではありません。体調が悪いと自律神経失調状態になるのは当然です。

だから、

だから当院では体調を上げる事で、自律神経のバランスを整えていきます。何事も体調から上げていく事は重要です。

もし、自律神経だけを薬で良い状態にできるとしたら、体調は???
そんなわけありません。
体調を上げる=自律神経失調症状態から抜けると言う事です。
色々な症状と色々な痛みやコリが起きても、すべて体調の関係です。体調の安定がすべての根源になります。体調が悪いと自律神経は失調状態です。

自律神経失調症は改善することができます。薬などを使わないで体から直していくと自律神経失調症は解消していきます。
自律神経失調症はホルモンのバランスの可能性も大きくあると言われますが、ホルモンを疑うよりも、体調を気にしてください。体調が悪い時には、ホルモンなバランスは崩れています。もし体調は悪くないと思う方がいれば、自分の体の事をよくわかっていない方です。体調が悪いと言う事は

疲れやストレスが多くたまっています。

体調が悪い時には、自律神経は失調状態になっています。体調が悪いのに、自律神経が整っていると言う事はありません。しっかりとした原因がありますから、原因から解消することをしていきましょう。

自律神経と言うのは、体のバランスを整えている所です。この自律神経が乱れることを自律神経失調症と言います。
自律神経失調症は、自律神経の働きが低下して失調状態になったことを言います。
自律神経の働きが低下して、うまく働かない原因があります。

失調状態

自律神経を働くようにしていく事が出来れば、自律神経失調症から、抜け出す事が出来ます。
一度、自律神経が、失調状態になると、眠りも浅くなります。 
色々な抵抗力や免疫力が落ちていきます。怠くなったり、きつくなることが多くあります。動悸や、息切れ、不整脈なども起きる方もいます。

又、 腰痛や肩こりなどに悩まされたり、胃腸の調子も悪くなります。
頭が重くなったり、頭痛や吐き気が出る方もいます。
イライラしたり、頭がボーっとするなどの症状も起きやすくなります。
疲れやすく、色々な不調状態から抜け出すことを考えましょう。

自律神経失調症

あらゆる不調が起きるのが、自律神経失調症です。
少し、更年期障害に似ていることも起きます。
ホルモンのバランスも改善していく必要があります。
ほんとうに自律神経失調症の状態になると、非常に厄介ですから、いち早く改善していく事を考えましょう。

簡単にいく状態ではない方は、回数券を、ご利用する事を検討してください。
定期的に来院しないと改善が遅くなります。
自律神経失調症から抜け出そうと思う方と、早く良くなりたい方は、定期的な来院を、心がけるようにお願いします。
一番良い来院ペースは、週に2回です。

自律神経は

自律神経は脳幹から出ている部分に大元があります。自律神経の中に交感神経、副交感神経があります。車で説明するとブレーキとアクセルに当たります。このバランスが崩れた時が自律神経失調症状態です。

自律神経は、脳幹から出ている神経で、背骨の横に沿ってあります。
主に内臓を支配しています。
交感神経と副交感神経に分けられます。
この、交感神経と副交感神経のバランスの違いと言われています。
しかし、体調が落ちていたり、疲れやストレスがたまっていると、自律神経はバランスが悪くあります。

ましてや、眠れていないと、脳幹が弱ります。
脳幹が弱ると、脳幹が自律神経を支配していますので、自律神経も弱っています。
脳幹が弱ってストレスを、ためていくと自律神は、もっと弱ります。
身体にストレスがたまっているのに、自律神経は大丈夫と言う事はありません。

自律神経失調症の乱れ

難しい話は、置いておいて、、身体を元気にしていく事で変わると言う事です。
体質改善 アンチエイジング 若返りと言う施術法もあります。
詳しくは体質改善 アンチエイジング 若返りのページへ

多くの場合、体調が低下していることが多く、体調が低下すると自律神経は失調状態になります。体調が悪いから自律神経のバランスが悪くなったりホルモンのバランスも低下していく事が起こります。体調が良くて自律神経は失調症になることはありません。
検査しても何かの異常が出て自律神経失調症になっています。病院の検査で自律神経失調症と言われたら原因がわからないと言っている事だと思っても間違いありません。

生きていく神経

自律神経と言うのは、生きていく神経の事なので体調が悪いと言う事は、自律神経の働きも低下しているのが普通です。体調が悪いと言うのは疲れやストレスが多くたまっている事です。この疲れやストレスは体にたまっていくものなので、ドンドン多くなると体は疲労していきます。筋肉だけではなく内臓も疲労して歪みが大きくなっていきます。

バランスが乱れると

神経のバランスが乱れてくると自律神経失調症になることが起きて色々な不調状態に陥ります。脳の元気度がなくなって眠りが浅くなったり夢ばかり見る、寝ながら考え事をしている、イライラしやすくなります。ウツぽっくなったり、頭が重くなる、頭がボーっとするなどの症状を起こすときもあります。

自律神経失調症を改善するなら参考までにWikipediaのページで

北九州市小倉、八幡、戸畑、行橋、門司、若松などから徳力整体院は自律神経失調症を改善しています。

ウィキペディアの自律神経失調症

コトバンクの自律神経失調症

自律神経

yahooヘルスケアの自律神経失調症