低周波治療器や電器とは

例えば:
●湿布を貼ったりしても炎症やハレから起きている痛みやコリでしたら楽になります。急性状態を改善するなら、何といっても冷やすことですから。慢性になると温めても構いません。急性状態の痛みやコリには熱がありますから、冷やすことです。
●何かの痛みやコリが起きた時に痛み止めや薬を使うことも効果があって何かのエキスやビタミンで楽になることもあります。肩こりや腰痛に効くというサプリメントや薬がドラックストアで売られています。
●病院で注射を打っても楽になることもあるし、ヒアルロン酸を注射してもらっても楽になることもあります。
●家族の方に肩や腰を揉んでもらったりしても楽になることもあります、専門家のマッサージ院に行って筋肉をもんでもらっても楽になることもあるかも知れません。
●整骨院で低周波治療器や電器などをしても楽になることもあります。
●他の整体院やカイロプラクティック院でボキボキして矯正しても楽になることもあります。
しかし、どれもこれも対症療法という方法です。
対症療法と言うのは原因を見つけることが難しい為、症状がある所に何かをすることです。患者さんも納得しやすく理解されます。
しかし対症療法と言う方法は、直している訳ではなく一時的な痛み止めにしかなっていません。
痛みやコリには原因が潜んでいますけど、原因を検査して見つけることは簡単ではありません。
また、痛みやコリは関連痛と言うのがあって、内臓から起きていることもあります。内臓というと病院で検査すると尿検査や血液検査、レントゲン検査、MRI検査などですが、内臓が病気になっていれば陽性反応が出て病名がついて薬や手術、入院と言う事になります。
しかし多くの痛みやコリなどの症状は病気ではありません